2012年08月29日

9月2日(SUN)公開テイスティングの日、PIECE開店



今度の日曜に行われる国産ワインコンクールの公開テイスティング

リクエストがありましたので、、日曜ですが限定OPENします。

PIECE橘町 9月2日(SUN) 17:00〜21:00(ラストオーダー)

*国産ワインコンクールのリザルトに関係のないいつもどおりの品揃えです。
 
 受賞ワインは会場で試飲されて下さい。

*レアなワイン、自然派ワインなどを目的の方はご遠慮下さい
 (満足、納得して戴ける品揃えではありません)
posted by スローフード甲州 at 13:24| Comment(0) | その他

お江戸詣で2012夏

東京駅.jpg

月曜のことになりますが、ソムリエ・ワインアドバイザー・ワインエキスパート、呼称資格第一次試験

の試験官ということで、上京しました。

東京駅が明治期の姿が復元を初見。

集合時間間違え、早く行ってしまったので、日本橋高島屋でも販売される様になったシニフィアン・シニフ

ィエのパンを買いました。

posted by スローフード甲州 at 00:55| Comment(0) | その他

2012年08月08日

ちいさないのち



世田谷、魚沼、山梨と一緒に7年間暮らしたシマリスの「ひまわり」の姿とかぶり、、、

ケージで飼育してなく、家に放し飼い。

買い物なんかに出掛ける時も肩に乗ったり、ジャケットのポッケに忍ばせたり、、、

いつも一緒でした。

本当に小さな身体でも同じ命。

ひまわりも、何度か危機がありましたが長生きしてくれました。



posted by スローフード甲州 at 00:16| Comment(0) | その他

2012年08月07日

記憶に留める



昨日は67回目の広島原爆投下日。

NO MORE HIROSHIMA  NO MORE NAGASAKI 

Never not be repeat FUKUSHIMA


東電発表のVTR、なんだありゃ?

311地震発生直後のモノはなく、翌日からの映像、音声。

視聴は許された報道関係者のみで、録音・録画禁止。

150時間に及ぶVTRをメモれと?

本来なら国会なり、警視庁なりが証拠品として全てを押えて然るべき事態なのでは?

東電本店、福島事業所にそれらしき家宅捜査などが入ったとは聞かされていない。

それで原因究明、責任追及ができるのか?

それが出来なくて、二度と同じ事を繰り返さない!と言い切れるのか。。。

鎮魂の時節柄、心穏やかにしていたいのだが。。。。



4日は、常連になりつつある親子参加もあり三菱UFJ信託さまのCSR圃場作業行い

これまた常連さんの親子参加もあるスローフードBBQ盛況のうちにお開きとなりました。

毎度御世話になりっぱなしの「やまごみそ」のみなさん、ありがとうございました。

次回は秋空の下でのタイミングにしましょうね。


posted by スローフード甲州 at 14:19| Comment(0) | その他

2012年07月31日

国産ワインコンクールの審査員



昨晩PIECE橘町にMWのリン・シェリフ、ワインジャーナリストのアンソニー・ローズさん等が来店



国産ワインコンクールの在り方に少々???って思うところありました。

レギュレーションなのか、審査方法なのか審査員の質なのか・・・??

詳しくは解かりませんが、コンクールの結果に左右されることなく品揃えしてきました。


・・・今年はMW協会会長でKOJのコンサルタントもされるリンさん、

デキャンター(英、権威あるワイン雑誌)などでも活躍のアンソニー、

KOJプロデューサーの小笠原さんや他には科学的に分析出来る立場の方々なども多く

客観的で的確な審査が行われることが期待できそう。

本日と明日、審査員の皆さんは100種を越えるワインをテイスティング審査。

骨の折れる、集中力が必要な作業。

今年は公開テイスティング行ってみようかな。。。(もぉ、チケット売り切れてますね・・)

結果が愉しみになりました。
posted by スローフード甲州 at 15:37| Comment(0) | その他

2012年07月22日

那智の滝 登攀のアホ。同じ高校の後輩って、、



数日前に報道された事ですが、

世界遺産にも登録されている 那智の滝

ここは、管理する飛龍神社が立ち入り禁止としている。


立ち入り禁止の意味は、信仰の対象で神聖なるエリアとしていることと

危険も伴うから。

それは30歳にもなった世界的クライマー!!崇められる彼等にも理解できたであろうに・・

私が高校時代に所属した山岳部出身で、日本人登山家としては、若手の超ホープだとか。。

スポンサーだった企業は契約解除。

山岳連盟に属しているのか知りませんが、これも除名が適当でしょう。。


配慮やわきまえること出来ない彼を実績や実力だけの評価で周囲が持ち上げ勘違い

させてしまったのか? 元々の性質か。


とある私立小学校の入学面接の話。

「他人に迷惑をかけない」人に育ってほしい。と言う親御さんが殆どだそう。

その学校は、そのレベルは当たり前。

「他人の為に何が出来るんだろう」を考え行動できる人を育む教育を親にも望んでいる。

posted by スローフード甲州 at 08:29| Comment(0) | その他

2012年07月13日

PIECE橘町 7月14・15・16日OPENのお報せ




海の日連休ってすっかり忘れてました。。

土、日、月曜ともにPIECE橘町は営業致します。



動画お初アップしてみたっ

畑の様子や周辺景色も含め、出来るだけお伝えします。
posted by スローフード甲州 at 18:06| Comment(0) | その他

2012年07月11日

新政党名なんかよりも、、





上野で生まれたベビーパンダ。

残念ですね。

母体の1000の1の大きさで生まれるパンダ。

生存率は決して高くないのもあって絶滅危惧種に。

合掌


赤ちゃんパンダを失い、経済効果が無くなるとかは考えてません。

地元や関係者の中には、稼ぐ当てが無くなったことがショックな人も多いと思いますが、

動物園の命の在り方は前にも触れました。

ただ、絶滅の危機にある種を守る。という側面は大切と考えます。


NHKでも生中継してましたが、、、、「俺様の政勝が第一」とかいう政党名?

センスねぇ。。。

彼の大義は理解するが、やり方が全くなってない。

あっ、「国民の生活が第一」ね。

いっそ、俺様が・・・の方が分かりやすく支持されるんじゃ?
posted by スローフード甲州 at 18:34| Comment(0) | その他

2012年07月10日

甲斐サーモンと自然派



スーパーの鮮魚売り場で見かける「サーモントラウト」、「トラウトサーモン」や○○サーモン

という名で売られる切り身。刺身。

甲府あたりの人気チェーン寿司店などでも多く使用されている。

サーモン=鮭。 トラウト=鱒。

ごちゃまぜなネーミングで更にややこしく、民度の低さをよく表しているが

これらはみな、「ニジマス」の仲間。

サーモン(鮭)は本来、生まれた河川から海へ下り、数年かけて故郷の川へ戻り産卵する。

その間で、海のミネラル分を吸収するから脂ものるってものなのに。

シャケ弁も回転寿司も殆どが大型ニジマスを使用。

人工的に三倍体繁殖された大型魚にこれまた良い色が付く餌(エビやカニの甲羅成分など交ぜる)

を与えられ、美味しくなったもの。


植物工場でつくられるレタス類やクレソン、バジル、水菜も農水省、経産省の総額150億円にも昇る

補助金予算で311震災以降も順調に増えてるらしい。

大手居酒屋チェーンなども生産確保に躍起になっているとか。


その一方で有機、自然栽培が持て囃され若い就農者も増えてきてはいる。


どちらも行き過ぎな気がします。

人工的なものは過信を生み、間違いに気づくことが手遅れになることもある。

自然任せな農はマスターベーションの範囲でやっていただきたい。


けれど、都会やミーハーな山梨人にはどちらも魅力的に映るらしい。

甲斐サーモン、有機栽培、自然農法なんてキーワードは商売になると相反すると思うのだが

地産地消を加えたら怖いモノなし。


生物多様性やスローフードなどというキーワードは過去の産物になってしまうのだろうか。。。



食の安全安心、年間通しての安定供給は日本人から旬を奪う。

先日もシラスとブロッコリーのパスタを誇らしげに出すイタリアンを見掛けた。

シラスは初夏の近海ものはありがたい。けど、ブロッコリーってそもそも冬のもの。

年中通して、バジル系パスタにカプレーゼ(トマト、モッツァレラ、バジルが多いけど、いい加減な

店も多い。カプリ島の、って意味だから、夏のカプリ、冬のカプリも違うんだろけど)をメニューに

載せる店は程度が知れてる。

一年中ガラス皿を使う季節感のなさにも参る。

日本料理の店はまだ季節感がはっきりとしているが敷居高く、多くの民はファミレスやそれ風なイタリアン

、フレンチ的な店で満足させられる。

日曜に食した素麺には、大葉、茗荷、が他の薬味とともに載っていて涼しげだし元気も出る。


人口が減りゆく我が国、効率だけで食までも捉えることが良い結果を生むのか?

有機・自然だと拘り、収量も品質もまちまちなモノを尊ぶ方が賢いのか?

今まで培った文化や知識を活かし、自然に寄り添いながらより良いクオリティを求める

そんな着地点を消費者全体に広める方が一つ一つの命を大切に出来るきがします。
posted by スローフード甲州 at 19:06| Comment(0) | その他

2012年07月09日

わんことなかよし




・・・私が生まれた当時、家には牛、ヤギ、鶏、猫、そして犬が飼われていたらしい。

もともと農家なので農耕や家畜として飼っていた動物と、番犬と鼠取り。

残飯も殆ど出ないのが農家でしたが、犬猫には残り物が餌となっていた。

小学生になると晩御飯終わりに裏の犬小屋にみそ汁ごはんを持って行くのが役割だったりした。

その都度、犬に話し掛けてみたり自然としていた。

その頃は牛ヤギはいなく私の記憶にも牛ヤギ鶏はない。

私自身が免疫力が高かったかは定かではないが動物好きになっているのは間違いない。


トトはどうしてるかなぁ・・・


話変わって、、っつか戻って。。

ぢゃあ、最近流行りの北海道産の葡萄には「北」マークがあるんだ!きっと(^^;)
posted by スローフード甲州 at 23:25| Comment(0) | その他

2012年07月05日

中2の秋



滋賀県・大津であった中学生の自殺について

いじめの事実、現場の把握・対応、教育委員会の始末、警察の対処。


全てに於いて残念。


私自身、小学4年生の時にクラスメイトと一緒に転校間もないクラスメイトの

ランドセルを教室内でボール代わりにして遊んだ事を他の同級生が先生に報告。


放課後、自らのランドセルをボール代わりにし同じことをさせられ反省しきり。


自身の中で「いじめ」はなくなった。

相手の事を思いやる、想像することで、蛮行は無くすことが出来ることを知った。


いじめ問題は、昔からある。学校に限らず、社会でも地域でも。

以前は、注意する者があったり、指導する立場の先生等も厳格であった。

身を以て学ぶことで、間違いを回避できる様になる。


命に係わる虐めの実態。現場の教師やクラスメイトの反応、対応。

学校や教育委員会などは、隠ぺい、責任逃れ、、

、、、教育者の前に彼等は出世や面子などが大事な様だ。

地位や名誉、それらの意思の根底には金も存在するだろう。


虐めた当事者のみならず、関わったオトナも改める必要がある。

警察も、自殺後ではご両親からの被害届を受理せず、何もしなかった。

何も信じる事が出来ず13歳で自ら命を絶つ。

登校時間、通学路での自殺が本人のせめてもの抵抗だった。

組織を守る=自己擁護的なオトナ達がシステムやルールを構築、運営するこの国。


学校側だけを責めても改善しきれない部分もある。

当然、家庭内でのやりとりや世の中そのものの在り方、価値観を変えられなければ。


子供を育てた経験のない私、躾けや教育の難しさは解らない。

だから、単純に子育てしてる友人知人や教育に携わる方々を尊敬もする。

わがままだけど、、だからこそ諦めずに善き道へ導いて欲しい。


昨晩、PIECE橘町で葡萄の蔓の話になった。

前にも書いたけど、動物とは違い植物は身動きとれない。

嵐や日照り、寒波も受け止めなければならない。

その中でもツルを伸ばすものは知能や眼がある訳でもないのに、感じ取ることが出来る。

1本では折れるリスクのある新梢はひげを伸ばし、絡めて支え合う。

人間も感じ取り、支え合える筈。
posted by スローフード甲州 at 18:28| Comment(0) | その他

2012年07月03日

toto of missing out




上の記事は以前から私も訴えてきた様な内容。

薄っぺらな人間関係でも繋がらないといられない画一化された現代社会

物質的に豊かになり、便利になり、人間性が薄れていくばかり。



。。。。そんな事言う私はTOMO(toto of missing out)状態。

GW前に塩尻駅で見送ったのが最後で、、2ヵ月トトに会ってない。

24時間常に側にいてくれる人がいる状況で、持病の心臓の状態も良好らしい。

こちらにいる時は、独り留守番するタイミングが一日の中で短時間でも発生していた。

トトにとっては、それは凄くストレスになっていたのも解っていたので、

島根の地で余生を過ごすのは彼にとっては幸せなのかも。。。。


我欲を捨て、トトのことを考えると、それでいいのだ。


嘗て一緒に過ごしたペット達、、、最期まで付き合うのが当たり前になっていた。

その都度辛い別れがあったけど、天国に逝ったであろう彼等とは私の心の中でいつでも逢える

そう言い聞かせて、、信じて。

遠く離れていても、たまにはトトも私のコトを思い出してくれていると信じ、

毎日呼び掛けている。

そして、いつの日かあの世で再会出来ると信じている。
posted by スローフード甲州 at 19:01| Comment(0) | その他

2012年06月29日

2012年06月19日

ヒーローが!



平和の使者。

世界のヒーロー。



鳥居平にもヒーローがいたの忘れてました。。。。

台風対応で、師匠チームが誘引を仕上げてくれました。

きっと、畑の状況見て、「こりゃアカンわ」と手を差し伸べれくれた。


先週末のCSR作業順延の判断が甘かった。


昨晩PIECE橘町の来客。発酵物産展や手前味噌の歌なども手掛ける若きクリエイタ―との話、、

最近結婚したとのこと。おめでとうございました。(ご夫妻と6代目と来店)

奥様は某農業系雑誌出版社に勤めていた方で、発酵物産展での私の話にも興味もって戴けていたとか。

ビーガン、マクロビオティックなどと拘る不思議やこれからの生き方なんか面白い話をたくさん。


畑の先輩方との話、大学の先生方との話、若きクリエイター等の考えなど、大変面白い。

けれど、共通している認識は、今の政治、行政、経済、価値観などのままでは幸せになれない。

ということ。


国や自治体のリーダー達はヒーローになれないのか?

民衆がリーダーやヒーローを求め、創りだすアクションをしなければ

幸福指数の高い国にはなれない。


posted by スローフード甲州 at 19:05| Comment(0) | その他

2012年06月12日

植物工場でブドウ生産



先週のニッケイ新聞に掲載された記事から・・・

山梨・韮崎にある洋菓子製造販売の会社が2014年から工場でワイン用ブドウの生産を始める。

東京農工大が開発した6倍の収量見込みの栽培法を導入、天候リスクのない安定生産を目指す。

年2回収穫、収量も増やせると。


技術開発の立場からは、食糧確保という大きな課題への取り組みからだと思うが、、、

ワイン用のぶどうを工場で作るとする企業人の判断は理解しかねる。


良いワインは良いぶどうから。

この理念を理想とし、実現させ、尚且つ収量も増やすことで、山梨の地場産業も

活性化出来るという目論見も?


風土を無視したモノづくりには私は何の魅力も感じない。

傲慢で奢った考えの醸造家にも同じような印象を持つ。


連日の圃場作業、私なんぞは午前中の限られた時間のみ、、だからこそ

梅雨空との睨めっこ。

ほんの10日前は一雨欲しいなあ、、、なんて思う程、土壌が乾燥しかけていたけど

今は曇り空が恨めしい。

明日も作業出来るといいんだけど。。


農家の方々は早朝から日暮れまで、来る日も来る日も作業に追われる。

雨に打たれ、風に吹かれ、日に照らされるからブドウの様子もよく判る。

苦労の末の収穫、そして時を経てワインとしても愉しみながらシーズンを振り返る。

スローなくらし、スローな食。

風土に根差してこそ。


植物工場産の安全安心な野菜ですよ!工場産のハイポテンシャルなワインですよ!

・・・・って、穣(ゆたか)な暮らし?
posted by スローフード甲州 at 18:37| Comment(1) | その他

2012年06月02日

マルシェ報告

2june2012.jpg


お陰様で完売御礼。


前回と比べ、、、、客足は少なく遠く、、、、。


場所が銀座通りアーケードの一番東側。

パブリックビューイングのすぐ近くとはいえ、、多くの人の流れは西から。

奥まったエリアまで届かないのか。。。?

参加出店数が少なくなったのも?

宣伝広告不足。(催事全体の。。。)

前回はまだ寒い時期でしたが、街コンとのバッティング効果もあったのか、人出は多かった。

そんな条件イマイチで、時間もかかりましたが、何はともあれ。

スープは余計に仕込んだ分はPIECE橘町の営業にまわします。

鹿を敬遠されていた親子さんらも「美味しかった」と。

鹿が増えて困ると言われる国土。

人間様都合の理屈ですが、駆除した個体の有効活用にはもっと認識を広める必要がある。

山梨は甲州印傳の土地、食肉だけでなく、積極的に製品への革・角などの活用も出来ように。。

お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。

催事主催の皆様、お疲れ様でした。



アーケード下の半屋外でのイベント、多くの出店者はエアコン・扇風機・照明などもなく営業。

寒くも暑くも暗くもないところでの集客、再稼働などどこ吹く風。

しかし、大阪市長のトーンダウンというか、大幅な路線変更にも驚かなくなっていました。

「再稼働ありき」の理論は、311さえなければこんな目に遇わずに済んだのに。。という奢り。

人災と言える原発事故を招いたのは、東電や元首相だけの責任ではない筈。

関西の経済人にも、国民全体の責任もある。

経済活動の緩みは許せないという理屈でいる限り、真の幸福国家はない。

フクシマから何を学ぶべきか、、、ゆとり世代の感覚の方が真っ当かもしれない。
posted by スローフード甲州 at 19:22| Comment(0) | その他

2012年05月28日

6/2 VF甲府PV+マルシェ 出店



6/2(SAT) 10:00〜

オリオン通り、銀座通り(アーケード街)を会場に山梨のおいしいモノが集結。

PIECE橘町は 

八ヶ岳山麓の鹿(ジビエ)と野菜のトマト煮、えなみサンのスープ、ヴァルトのパンを販売します。

当日はマルシェ会場横で、ヴァンフォーレ甲府×松本山雅のゲームがパブリックビューイング出来ます。



VF甲府の試合開始は14時ですが、前回出店時はそれくらいの時間には売切れになっておりました。。。

仕込みの都合上、販売数を増やすのは難しいので、売切れ御免とさせていただきます。ご了承ください。
posted by スローフード甲州 at 18:37| Comment(0) | その他

2012年05月21日

ゴールデンリング!!

21may20122.jpg21may20121.jpg


世紀の天体ショーといわれ、日本列島各地で観測された金環日食

マスメディアの報道映像でもご覧の方多いと思いますが

甲府の自宅前からケータイで撮影しました。


地球外での事象も含めてさまざまな自然現象。

地震、津波や竜巻などといった地上での災害もそれ。

どれだけ人類の文明が発達してもそれらを無くすことは出来ない

それに負けないよに強くいなければならない理屈が現在の価値観。

それらのリスクを克服する方法に経済が大きく影響するのが今の世の中。

自然を受け止め、謙虚に生きる。


オマエみたいなヤツこそ、その言葉を真摯に受け留めろ!と思われると思いますが、、、


先日、とある醸造家がSNSなどで発言したセリフにこんなフレーズがあったと聞いたのが。。

「オレはどんな葡萄でもいいワインを造れる」と。。(私自身、そのSNSを見ていませんし

発言したと謂われる醸造家本人とも面識ないので、決め付けてはいけないのですが)

SNS上での発言で、それをフォローするワイン好きの方々もいたとか。。。

試しに、私もワインの勉強中という若者に同じセリフを醸造家が言ったら?と質問した。

若者は、スゴイ、カッコいい!と答えました。

まだ、ワインを造ることも出来てない若者ならまだしも、、、醸造家として存在している人間

が奢った考えでワイン造りをしているのは嘆かわしい。

よいワインはよい葡萄から。

これが、ワインに携わる者に絶対的に必要な謙虚であり大きな懐だと思っています。

けれど、その対極にあるよな考え。

前後にいろいろな言葉ややり取りがあったとしても、あり得ない発言。

幸い、その醸造家の造るワインらしきをPIECE橘町(それ以前のカフェラトゥーシェ時代も)で

扱ったことはありません。


ワインやぶどうへの情熱や真摯な取り組みが感じられる造り手のワインは積極的に紹介したいと

PIECE橘町で扱わせていただいています。

ワインに限らず、飲食業でも製造業でもそうですが、商売目的が先立つモノづくりには魅力を

感じません。(モチロン、それに気付かずに利用してるモノもあります、きっと。)

他人の振り見て吾が振り直す。。私自身への戒めとして留めます。


posted by スローフード甲州 at 13:41| Comment(0) | その他

2012年05月19日

73歳、渡辺玉枝さんがチョモランマ登頂!!



1938年、現在の富士河口湖町生まれの渡辺玉枝(73歳)が自身の持つ女性最高齢記録を上回り

(63歳当時、彼女自身が樹立したエベレスト登頂女性最高齢記録)

世界の頂きに立ったとのこと。


凄い!!!!!



山梨出身で、神奈川での教職員時代に登山に目覚め、職を辞してから地元で暮らしていた渡辺さん。

富士河口湖町の栄誉町民の称号をもつ。


国民栄誉賞、、、でもいいんでない?


ガットサイト塗りで腰が痛い、、、などと言ってる自身が恥ずかしい。。

明日は、、自治会運動会。。(ちょびちょびして故障しんよに気を付ける)


くれぐれも無事で下山されること祈ります。



先日のスバル サンバートラック、その気ある方、金額応談ありですので!!
posted by スローフード甲州 at 18:19| Comment(0) | その他

2012年04月23日

piece橘町 PIECE橘町 2012GWの営業予定



気づけば今週末からGWということで・・・

4月30日(日)と5月6日(日)はPIECE橘町はお休み

通常の定休と変わりません。

4/28、29、1、2、3、4、5日は通常営業致します。
posted by スローフード甲州 at 18:17| Comment(0) | その他