2010年04月07日

動物虐待

こんにちはamanoです

今日は行政が行う狂犬病予防接種が近くの公園でありました。
当家の2頭も受けてきました。

aP.jpg
天気が下り気味でしたが、雨にあわずに済みました。
近所の犬達が続々と集まります犬


a.jpg
不安げに順番を待つ当家犬ではなく、サスケは気づかないうちにブスッとやられ、それを見たトトは逃げ廻り、、、どんっ(衝撃)仕方なく抱かかえてブスッたらーっ(汗)
あっという間に終わるのですが、去年までは、キャンあせあせ(飛び散る汗)
と言ってました。これは、注射が済み会計待ちしてるんです。

スローフードのブログですが、動物絡み記事が多いですかね・・・
今日の注射もある意味虐待かもですね。人間が都合でペットにしたがうえに必要と認識している。人間に危害及ぼす可能性をなくす為。
今朝のワイドショーなどでご覧になられた方も多いかと思いますが、埼玉・飯能の山中に100匹にも及ぶ犬の遺体遺棄。
昨日は、千葉の山羊の角が折られた報道。
どちらも言語道断パンチ爆弾むかっ(怒り)ちっ(怒った顔)どんっ(衝撃)雷

信じられないというか、どんな都合や心理か全く理解出来ません。
時々報道などで矢ガモとか、学校で飼育していた兎を・・とかありますね。
最近では、動物ではないけれど幼児・児童虐待も同じ。
人間と動物の区別の必要ありません、自身よりチカラの弱いものを痛めつける。最低最悪。
保安上の観点から、狩猟をする事自体余り公にしない方が良いと指導されていますが、私は狩猟をします。
以前も書いたのですが、虐待と言われても仕方ない行為かも知れません。
ですが、奪った命は尊く、有難く食す。皮や羽毛などの利用方法も考え出来る限り活用する。
尊い命を奪う行為そのものを世間の多くの方は自らてを下さずに食糧を入手しています。
食べ物=金銭にて入手するもの。
この感覚が殆どではないでしょうか?
野菜・米・山菜・茸・魚・肉、、、肉と呼ぶ時点で食物になっていますが、全て生き物です。
人類はそれ以外(稀に共食いがありますが・・・)の生き物の命を戴き自らの体・命を維持していますよね。
いたずらに虐める。都合で放棄・奪命の行為をするのは人類だけ。
野生・自然界においては食物連鎖や弱肉強食と表現される行為は全て奪われた命が他の命を育んでいます。

以前、狩猟記事を書いたときにコメントがありました。いきもの虐めて楽しいか?と。
狩猟をしないで、家畜・飼育された動物などの肉身を食す行為。
食べる為だけに人間が管理している行為がいちばん残酷だと思います。ブランド食肉に群がる現代人が歴史上一番残虐な種。
(畜産業を否定しているのではありません。もっといのちの有難みを学ぶべきだと。私も食肉を購入し、食します。だからこそ、粗末にしないで済む様に、食材の買い方や美味しく食べる方法など、もっと多くの人に考えて欲しい。私自身も考えなければ。)

これを書いてる時に埼玉・飯能の遺棄事件に関し、埼玉県内のペット葬儀社の関係者が事情聴取されているとのFM報道ありました。

千葉の山羊は命に別状無いようですが、極度に人間を怖がっていると。
posted by スローフード甲州 at 15:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 所感

2009年11月03日

今朝の早起きはぁ・・・!?

こんばんはamanoです。

今朝も6時には現場に到着。車の荷室から長靴を下ろし、、、とここまでは畑も釣りも一緒。
長靴といっても今朝は防寒も兼ねたウエーダー(上田ぁ〜相変わらずすっとんきょだなぁのウエダではありません。注:都内アパレル勤務時の後輩で、、ちょっと音が遠い感じの天然キャラ。あっ、また長い文の原因ですが、ウエーダーの説明してないですね、、ゴム長←一言で済むぢゃん)を履き、バブアーのスペイを羽織り、フルレストア済みのパーフェクションにstジョンをセット・・・川ですね完全に。

おっと、、川に着く前の所感で書きたかったんがあったんですわ。
あちこちに初雪を降らせた強風のおかげで、放射冷却も手伝い今朝の冷え込みは今シーズン一番と。夜明け前にサスケと散歩に出ると西の空、南アルプスの上に澄み切った輝きの真ん丸お月様。雲ひとつ無く東の空が漸く白々と闇を押しやりはじめていたのですが、西はまだ明るい月夜の世界。
数年前に友人の結婚パーティをカフェでした日の夜明け前に韮崎まで友人を送る(甲府から韮崎は北西方向なので、夜を惜しむ様に車を走らせていた)時に、千葉から来た友人と結婚した当人らと眺め、見惚れていた月は甲斐駒ケ岳の横に沈んでいくところでした。
丁度、その月と同じ様にその透明感が月をも透けさせるかの様な純粋な空気感。
詩人でもモノカキでもないので巧く表現出来ずに今朝のお月様の素晴らしさが伝わらない感じがもどかしい。
先日(10月30日)の十三夜の時に勝沼鳥居平の上にうっすらと名月が浮かび上がった眺めにも祝村カフェから見惚れてました。。
・・・と、今朝の夜と朝を両方愉しませてもらい、魚にも遊んでもらい、もらいついでに7日のメニューに使うぶどうの葉っぱも分けて貰い。
明日は最終カベルネの収穫。
その後、勝沼の空き家物件の親族の方とお会いしてきます。
また報告します。
そろそろ、写真載せましょうね
posted by スローフード甲州 at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 所感

2009年10月22日

はじめまして。よろしくお願いします

FILE0028.JPGこんにちは、スローフード甲州の代表をしています、アマノと申します。

なにを書けばよいのか???でしたが、不特定多数!?の方がご覧にになる。スローフードってナニ?的な方も多いかと思います。

スローフードについての詳しくはhttp://international@slowfood.com-www.slowfood.com
スローフードジャパン:http://www.slowfoodjapan.net
にアクセスしてみて下さい。

出来る限り判りやすく言うと、それぞれの地元の古くからある食材や料理、料理人、お酒(ワイン)や小規模生産者を応援しましょう!大切にしましょう!という事を実践していく非営利の任意団体です。
イタリア発祥で、山梨にこれまで支部(コンヴィヴィウムと呼びますが)がなかったのですが、この7月に正式にスローフード甲州として発足したばかりの組織です。

甲州と名づけたのは、ひとつは、甲州葡萄(1300年ほど前から、山梨の地に存在し続けるぶどう品種で、ワイン醸造にも生食にも適した品種)のおかれている現状を危惧し、改善しよう!と考えたから。 それと、ぶどうに限らず、甲州という昔から培われた風土や文化を大切に後世に伝えたい!といった思いから付けた名前です。

会員になるのに、審査があるわけではありませんが、意向に賛同し、非営利を理解していただけて、なによりも地元を大切に感じている方なら、年齢性別職業杜問いません。

活動としては、11月7日のワインツーリズムという勝沼で行われるイベントにスローフード甲州の飲食テナントを出店致します。
地元食材を使ったワインのお摘みや料理。是非、おたのしみ下さい。

それ以降の活動は、具体的な計画がわかっているのは、12月から、勝沼:鳥居平でぶどう畑の耕作を開始します。
ぶどう栽培やワイン造りに興味ある方の協力は遠慮なく申し出て下さい。今後、畑の耕作面積は増やして行く計画です。
協力戴ける方、ぶどう畑で生計を立てたい!という方のお役にも立てるかもしれません。

なにせ、スローフードで、、スローなものですから、更新はマメに出来るかわかりませんが、他の会員からの更新も入ると思います。
情報交換の場としてもご利用下さい。
posted by スローフード甲州 at 16:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 所感