2013年10月26日

食品偽装〜阪急阪神ホールディングス〜



先日、アホな幹部の会見が行われ世間に明るみになった偽装。

社長はじめとするトップは「誤表示」「認識不足」と言い逃れするのみ。

どちらの認識も説得力はない。


誤表示、認識不足と言い張るならば、その現場の料理人やスタッフは皆

シロウトという事になってしまう。

現場も経営陣も認識した上で商売に走ったことは明らか。


星つき飲食店でも偽装はある。

そもそも飲食で儲ける(不当と思える範囲、多店舗展開や拡大は・・・)には

消費者をある程度欺くことをしなければ出来ない。


先日このブログに書いた、取扱いをやめたワイナリーも自社畑と謳い

海外原料を使用したワインをリリースした過去が明らかになったのも

取扱いを止めた理由だ。


法的な縛りもない料理に対しての表記等、、料理人のプライドと経営の狭間で

如何に真摯に食に向き合えるか、、、、

和食が世界遺産に登録されようとする今、法整備や意識の改革が追い付かなければ

残念な事は続く。

偽装と言われる行為は、日常のそこかしこに存在している。
posted by スローフード甲州 at 18:57| Comment(0) | 所感

2013年10月01日

甲州ワインのバカ下さい! バカぢゃなくアカだった


久し振りに書いたかと思えば悪態つき。


県庁の防災新館というハコがオープン。そこの飲食スペース。

メニューには「甲州ワイン白/赤」とある。

ワイナリーめぐりという3杯セットで出されるワインは、県内で瓶詰めされているが輸入

原料の入ったモノ。


県庁のどの部署が仕切っているか知らない。

また、公募という密約決裁で民間に丸投げなんでしょうか。。。


平和通り東側にはレアな甲州ワイン(赤)がメニューにある店が増えた。

甲州ワインのことはそっちに聞け!!



開いた口が塞がらない。

コレを関係者が読んだとして、どの様に捉えるか。。。。



メニューも然る事ながら、サーヴィスはもっと揮ってる。

スタバやマックと同じくキャッシュオンでカウンター注文のシステムらしいが、、、

客人は気付かずに着席。

そこへ店員が、、、


オペレーションもろくに出来ない業者に丸投げすな


ジュエリーミュージアムというスペースもある。。。。

これ推しでいーんでしょうかね・・・?
防災新館メニュー.JPG

はっきり書いた方がよいですかね。。。

甲州ワインとは、「甲州」というぶどう品種からつくられた辛口白。

ぶどうの果皮の色は淡く紫やピンクなので赤ワインは出来ない。


県庁の新しい顔とも言えるスペースでそんなことも分らない輩に事業を投げる県庁も酷いし、

当該事業者も最悪。


民度の低い県の典型がここに。
posted by スローフード甲州 at 12:03| Comment(0) | 所感

2013年07月16日

原発再稼働、憲法改正、軍隊所有を望む首相


アベノリスク?

あっ、MIXか。。。。

とやらで景気回復を誇らしげに語る首相。


そもそも、原発再稼働、原発輸出、憲法改正し、与党都合の政治を進めようとし、

自衛隊を「軍隊」として存在を認めさせようとする現政権与党。


ナントかミクスは、大企業や富裕層向けの政策で庶民にはなかなか景気回復

を実感するどころか、物価上昇・賃金低下を引き起こすもので、選挙でも

庶民を手玉に取っている。


目先の政策で国債は先付借金としたままの拡大路線はどう考えても破綻きたすのは

明白。


質素にコンパクトでスマート、サスティナブルな暮らし、国家を続けることこそが

幸福度を高めると思う。

50年先、何世代先に亘っても安定した暮らしが出来る様な地域、文化を構築する

感覚や価値観を持つことが人類が長く地球で共生できる方法だと思う。


勝手に地球の資源を消費し、汚染し、奪い続ける人類。

これ以上繁栄というものを追求すべきではない。


今回の選挙でねじれ解消を狙う与党。

歯止めがなくなると加速度的に暴挙が拡がらなけばよいが。。。。

posted by スローフード甲州 at 23:29| Comment(0) | 所感

2013年05月05日

権力の暴力


自身ではまともな事何一つ出来ていないくせに

文句ばかり言ってるのも如何なものかと、記事更新

を控えてきましたが、腹に据えかねるコトを・・・


ナントカミクスって持て囃されて調子こいてるリーダーが

外遊先で領土問題、原発輸出と次から次へぶち上げてる。

経済政策で成功すべく、原発輸出先を増やしていくと言ってるが

話にならん。

電力会社や、原発製造側の大きな圧力がカネやチカラを政府にもたらすから

倫理は無視して構わないということ。。。


311で原発の安全神話は崩れ、大いに反省した筈。

反省し、最終処理に至るまでの技術が確立されてもいないのに

カネ優先で原発輸出を奨める。

選挙で大勝すれば何をしてもよい訳ではないだろに。

憲法までも改正すると言ってる。

勘違い穿違えもいいとこ・・・・

96条の3分の2を過半数に。有権者数の過半数を有効投票数の過半数に。

更に9条の国防軍云々。

権力を得て、暴徒化してる。

3分の2以上の国会議員から改正すべきとの意見が寄せられたら、国民

にも真意を問うてから憲法問題を議論すべき。


久々に小さい初老犬が吠えてみました。。。

ついでにしてはいけないのですが、、地元山梨では富士山絡みの世界遺産登録

に湧き立っていると報道されていますが、数十年前からの登録誘致活動の経緯

の中で自然遺産申請で蹴られた時点で富士周辺の自治体、住民をはじめ日本政府

も気付き改めなければいけなかった筈。

世界遺産登録はゴールでなく、その価値、状態を維持していく覚悟が求められている

のに、それを理解出来ているようには思えない。

富士山のゴミ問題、し尿処理、周辺市街地の河川等のゴミや下水・汚水流入など

とても民度が高いとは言えない環境。

文化と名乗るからには、それに見合った民度が必須。

山梨県、静岡県民にはその覚悟、認識が求められている。
posted by スローフード甲州 at 10:53| Comment(1) | 所感

2012年12月17日

覚悟できない



まず小選挙区制というシステム。

直前の第3極といわれる乱立混乱。

与党へのダメ出し。


・・・だからって、世襲・既得権益・ばら撒き・仲良しごっこ

の復権に頼る選択しか出来ない民度。

変わろうとしない、変わる覚悟できない限り国民が幸せになれない。


カネという価値しか信じられない様な国は崩壊する。

慎ましやかな暮らし、経済発展ではない豊かな価値観を持てないから

こんな選挙結果になる。
posted by スローフード甲州 at 10:01| Comment(0) | 所感

2012年12月11日

喉元過ぎれば、、、


1年と9か月前に惨劇が起こり、国中が世界が固唾をのみ

状況を見守り、不安と寒さに震えた。

大津波の記憶。福島第一原発事故の様子。


直後から流言飛語激しく、買い漁りや略奪も。

そして、皆が原発は御免だと思ったに違いない。


時が経つにつれ、以前の暮らしを取り戻し、

今や経済政策最優先的な打ち出し一律な政党乱立選挙に躍らされる。

しかも、原発推進してきた旧い体制が復権とも謂われている。

おざなりでなおざりなその場凌ぎが疎かな結果を生んだ原発を

目先の利益だけの為に動かそうとしている政党が・・・


原子炉の真下に断層なくとも、敷地内やほんの数百メートル離れた所に

断層がある様な原発は敦賀や大飯だけでなく至る所にある。


そもそも、この狭い国土に1億からの人が住む国に原発は無理があり過ぎる。

稼働していなくとも、核燃料がそこにはあり、福島に近いリスクは常にある。

最終処分もできないテクノロジーで未来は築けない。


原発動かさないから電気料負担増すのは、まやかし。

原発廃止を決めれば費用は軽減され、負担は収まる。

すぐにでも再稼働出来る体制を保ちながら火力発電に頼るから

負担が増すだけのこと。


311の時を忘れてはいけない。学んだ証を世界や後世に示すチャンスは今。
posted by スローフード甲州 at 19:32| Comment(0) | 所感

2012年09月13日

第一サティアンって。。。。



自民党の御坊ちゃまが今朝の朝ズバ(TBS)に出演中

福島第一原発のコトを指して第一サティアンと表現。


震災直後から何度も現地を訪れているとのことだが、、、、

意識は民意とはかけ離れている様だ。


この失言ひとつで失脚とはならないのだろうが、政治家と言われる連中の

国民をバカにしてる具合がうかがい知れる発言。


生放送をたまたま観ていて、違和感感じていた。

そんな表現を何の気なしにしてしまうボンツク。

きっとお仲間や長老とかっていわれるセンセー等も普段から使っている表現なのだろう。。。

残念。。。。

911から11年、311から1年半、再生を元通りと捉えず、別の価値観で構築出来なければ

合衆国もニッポンも幸せな国民が増えない。
posted by スローフード甲州 at 19:34| Comment(0) | 所感

2012年08月18日

スローフードの創始者は元伊共産党員。


本当は、PUSSY RIOTのメンバーの写真を引用したかったのですが、出来る素材なく、sirポール師匠の記事引用となりました。(Pマッカートニーやマドンナが、プッシーライオット支援を表明しましたが、その焦点でなく、反プーチンの歌を披露したロックバンドが有罪となるロシアを取り上げたかったのです)



お盆と終戦記念日が重なるこのタイミング、出来る限り心穏やかにと思い記事控えてました

あちこち海の外側から騒がしい事がもたらされましたね。

自国を大切に思う、地域や地元、家族などを尊ぶことは共産的なのかしらないが、よいことだと思う。

その、主張や方向性はよく考え、近隣との関係性も踏まえてという国際社会においては。


竹島、尖閣、、どちらもこの国固有の領土と謳いながら、実効支配ないまま、事なかれ主義なのか?

経済摩擦などを恐れてなのか、他国の強行を静観に近いカタチで受け止めるばかり。

国後にも露首相が上陸したのもつい数か月前。

歴史的にも国際的にも本国主張が正しいと言うなら、はっきりさせるべき。

韓国や中国、ロシア国内での其々の正当性がどの様に教育され、政府も指導してきてるか解らない

ニッポン国民の一人ですから、日本の主張が正しいと思いたいのですが、他国同様、隠し事や歪曲

を得意としてきている我が国、国際的な公平な場で明確にしてほしい。

ただ、どうしても領土問題となっている箇所を日本のものとしなくてもよいのでは??とも思う。

戦後間もなくとか、70年代頃まで日本人の生活拠点もあった場所もありますが、現在の事実は

実効支配はおろか、日本国民でさえも許可なく立ち入りさせて貰えない国内事情。

それなら、いっそ欲しがる国に有効活用してもらい共存するってこともアリなのかも。。。。


けれど、写真引用記事の様な理不尽が通る国々が主張しているので、領土諦めろとも言い切れないでいます。
オリンピックのプラカードなど、以ての外なのに、韓国内ではヒーロー扱いもあるという。

オリンピック=平和の祭典。政治・宗教抜きに人類が凌ぎを削る場。それを理解出来ない者に出場資格すら

ないと思う。

原発NOも大事だが、ニッポンの在り方そのものを国民一人ひとりがもっと強く大きく感じること出来れば、自ずと方向性は決まると思う。


今日、甲府は物凄い雷雨に見舞われ、自宅にあった15年以上前(カフェラトゥーシェのテラスに置いてい

た)からあった鉢植えのオリーヴの木が蜂ごと強風で倒れ、蜂が崩壊。木は無事だったので、近く地べたに

移植します。かなりの大きな穴掘らなきゃ・・・
posted by スローフード甲州 at 00:04| Comment(0) | 所感

2012年06月23日

SNSと他人の噂・・・



・・・どちらも嫌い。

直接関係の無い者が薄く繋がり

当事者無く話がひとり歩き。

知りたがる者、繋がってるつもりで安心感を覚える者。。。。

仲良しごっこしてるだけだから本質的なモノに辿り着かない。


アラブの春に代表される、時代や世の中を動かす大きな原動力となり得るツール。

・・・今のニッポンでの主流はゴッコ。


直接知り得ない話題をあーだこーだ酒のツマミにする。

よくあることだけど、美しくない。

その場が盛り上がれば何でもいい? 

噂話にSNS用の撮影に、リアルタイムでの情報垂れ流し、、、、

そんなことしたくてワインを呑む?

そんなツールになる為に造られている?

愉しみ方はいろいろあっていいと思う。

けれど、折角なら良識あるオトナが集い、有意義な時間を分かち合う方がステキ。


・・・ブログも変わらんだろとも思う。

都合あって書いていますが、スローフードの名の下で個人的な所感を綴るのは

どーかとも思う。

できた人間ではない欠陥だらけの私は、矛盾だらけで嫌気がさす。

このブログも、スローフード的なことに直接関係することのみを書くか

きっぱり止めるか、そろそろ考えた方がいいかな。。

私自身、このツールで少ないとは言え、知らない存在の方ともほぼ一方的ですが

曝け出していること自体に矛盾を感じている。


ネットは人類にとって大きな革新的な発明のひとつ、産業革命以降、発明家などにより

多くの画一化されたモノが氾濫し、人類は物質的に豊かになった。

その一方で、消費先行社会を生み、温もりある繋がりが激減した。

311以降、既成概念のまま世の中を再構築することに疑問を感じた国民なら

繋がり方もよーく考えられると。
posted by スローフード甲州 at 11:12| Comment(0) | 所感

2012年06月08日

国民生活を守る!!


どじょうの人が記者会見


国民生活を守る!

そのひとつは、絶対にフクシマの様な事故を起こしてはならない。

・・・しかし、絶対ということはなく、、、。


もうひとつは経済的な理由、、、。



民主党、官僚、経済界の人々、嘗ての自民党、、、、

誰も将来を考えられていない。


豊かで人間的な暮らしの確保。。。


経済的観念でしか豊かさを語れないリーダーでは日本は沈む。


経済的な豊かさでは世界中が今後行き詰まる。
posted by スローフード甲州 at 18:17| Comment(1) | 所感

2012年05月05日

子どもの日に・・

甲州5MAY2012.JPG

すがすがしい五月晴れ。

鳥居平の甲州も展葉してます。

消毒する前に芽掻きして、天ぷらにして食べたいなぁ・・・ってことで。

5月12日(SAT)に三菱UFJ信託銀行さまのCSRと甲州ぶどう栽培クラブの作業を実施!

芽掻き、草刈り、ガットサイト塗りの予定。


それまでになんとか皮剥きは終われそうです。。。



今日、5日はこどもの日。 端午の節句。

奇しくも、現在唯一可動中の北海道・泊原発が点検の為に停止作業を開始。

明けて夜中の2時くらいに原子炉停止予定だそう。


こどもの日、すべての子供等の未来を考えても原発利用は無くすべきと考える。

目先の利益で判断するのではなく、未来永劫を想像し今から対策すべき。

ニッポンの一般家庭での平均的な消費電力は世界一少ない(先進国の中で、、、)。

それ程、ニッポンの省エネ技術や人々の意識が高いならば、原発に頼らなくとも

暮らせる工夫や技術も出来るんじゃないでしょうか。
posted by スローフード甲州 at 15:38| Comment(0) | 所感

2012年04月16日

幸せの尺度



週末、与党のセンセー等が大飯原発の地元自治体に訪れた。

現状国内で唯一稼働している北海道の泊原発が5月に停止。

その時点で原発稼働0になる。

そんな話も織り交ぜながら、大飯原発再稼働に理解を求めに。


先にも記したが、現状で計画構造物も善しとした安全評価に因る

再稼働要請。


「取りあえず俺等は動かせ!って言ったゼえ〜


ほれ言ったこっちゃねぇ、、、電力不足でどーにもならんら・・」

と今夏に言って、有無もなく稼働させるシナリオが関電との間に取り交わされてるとか。。?


電力足りない。って理論は過去のモノとしなければいけない。

311の経験から、この国が潤沢に使用した電気のムダがどれだけ多いことか国民は学んだ筈。

我慢するのではなく、工夫すること。

便利、快適、豊か、自由などといったキーワードでは本当のハッピぃは得られない。

電力が足りないのではなく、少なくても出来る暮らしや産業を確立するいい機会を与えられたのだから

今こそニッポン人の優秀だと言える工夫をすればいいのに

絵に描いた餅で満足し、再稼働と言う。

防波堤、免震棟、非常用電源等の追加設備にカネと時間を費やしても、いずれ短命の原子炉ばかり。

だったら、再生可能自然エネルギーに向けた費用とすればいい。

政府見解でも、脱原発と謳ったのに、いつまでに原発から足を洗うとも示せずに場当たり政。


センセー等は皆オール電化住宅にお住まいなんでしょうか?

あれも、電力会社の思ひのツボ。

省エネ、エコと言われ、消費電力が少なくて済む電化製品が増え電力会社は売上が少なくなる計算

だから、オール電化推進。


寒い時、暑い時が感じられない暮らし、、、、住居が高性能スマートハウスになればなるほど

季節を失う生活になる。

それなら、いっそ日本中地下街にして、地下都市を創れ。

家の中でも季節感ある暮らしの方が私はマトモだと思う。


原発地元の住民も表向きには反対と言えなくとも、心の底では原発でなければ・・・と思うだろう。

収入を原発関連に頼る住民には、廃炉までの仕事をしていただき、

再生可能自然エネルギーの開発、建設などと並行して計画すれば雇用も生まれる。

オバマ大統領が就任時に言ったグリーンニューディール政策は、今のニッポンにこそ必要なんでは。


クルマ、家屋、電化製品など、新しいモノ程エコを売りに産業を成立させている。

確かにランニングコストは掛からないモノを作りだしているが、それら製品を製造する

エネルギーコストや資源はどう捉えるか、、、

10年ちょっと前に、新車登録から13年を経過した車両の自動車税が割高課税になっている。

ニッポンのお役人らしい貧相な発想。


英国などはその逆だ。

旧く使われ、愛されるモノほど税金も安い。


今あるものを活かす暮らし。

補助金出るからとリチウムイオン蓄電池(ソーラーパネル)を装備した新築住宅を建てることが

本当にスマートなのか?

280円のユッケや飲み放題に飛びつく様な輩には理解出来ないかもしれない。


私が使っているいろんなモノの中でも16才の時に買った眼鏡がある。

自身のバイト代では気に入ったモノが買えず、同居のお婆ちゃんから小遣いもらい

買った黒いセルフレーム。今でこそメガネとしても使用されているそのカタチ。

当時でもクラシックの部類になるサングラスフレームだった。

サングラスを購入し、度つきレンズに入れ替えたのだ。

一度真っ二つになったが、レンズも時々の度に交換しながら今も現役。

高価なモノだからではない。祖母の思ひでがあるから。


自動車に至っては25万キロの普通車と14万キロの軽。

どちらもポンコツではあるが、まだまだ現役。

ケータリングに、狩猟・畑仕事にと活躍中。

黒猫ニーノも16才を過ぎても元気。

以前よりも少しだけ甘える様になった。

トトとニーノとオトコ3人で温める毛布で寝るシアワセ。

家の中も寒い冬だからこそ。
posted by スローフード甲州 at 19:45| Comment(0) | 所感

2012年04月10日

概ね適合でGO!


大飯原発(福井県おおい町)の再稼働について連日アホな報道がされている

ストレステスト、その内容評価、(保安院、保安委員会、、、??)

そして政府の「おおむね適合」してるからオッケー。

あとは、地元の理解・同意得られたら稼働って流れ。


民主党のセンセー方、官僚のエリート達、原発マネー中毒にされてる地元。


311の福島第一原発事故から何を学んだのだろか?

政府がGOしてる内容は今年中に常駐職員を10名から54名にする。

来年中に防波堤のかさ上げ、外部電源多重化。

んでもって、平成15年中に免震事務棟の完成。


ぜーんぶ、完成させてからGO出しでしょ。


大株主の大阪府市からも別内容の要望が出ている。

関西エリアの電力不足は必至(電力会社などが発表している数値が本当ならば・・・)と

いわれているが、自治体はそれでも原発再稼働には慎重体勢を崩さない。

それが当たり前だ。


核燃料は輸入に頼り、ウラン鉱石採掘している人々は放射能汚染を免れない。

それを燃やし、プルサーマル計画もろくに稼働出来ず、使用済核燃料の処理にも

困り果てている狭い国土。

そんな、ベーシックな観点からも原発は存在すべきではないのに。

便利、快適、発展を求めるばかりに怠慢化しているこの国、

政府や官僚、電力会社幹部等は昭和30年代、40年代の暮らしも経験あるだろう。

その頃でも充分に暮らしは成り立っていた。

日本中が不夜城の様な状況、夜早く寝る習慣が出来れば人口減少にも歯止めかかる。

発展することばかりを目指さなくともシアワセのカタチはある。

スマートでコンパクトな暮らしはサスティナブル。

いまよりもずっと人間的な暮らしが出来る。


それに、北の打ち上げるモノが原発目掛けて飛んできたらそれこそシャレにならない。。。
posted by スローフード甲州 at 19:32| Comment(0) | 所感

2012年03月11日

311から1年



被災地では、今朝早くから自宅があった場所やご遺体が見つかった現場などを訪れ

祈りをささげている。

慰霊、追悼、鎮魂の長い一日のはじまり。


被災地ではないところでは、復興支援に託けたイベントやビジネスがここぞとばかりに行われる。

考え方はそれぞれですが、やはり私は今日という日にそんな気にはなれない。


この1年の経過の中でニッポンは、私達は何を学び何をしてきたのか、、、

喉元過ぎれば熱さ忘れる。人類の悪い習性。

そんなご都合主義でなければ行き抜けないのかも知れない。。


被災地では、震災直後と変わらないままという方も多い、同じタイミングでゼロになり、

一歩踏み出せた人、踏み出せない人、格差の憂いも生じている。

放射能に翻弄される地域の方々、、比較的お年を召している方々は早く地元に戻りたいと思いがち

けれど、若い世代(小さなお子さんがいる様な)の方々は戻りたい気持ちはあるが、将来の事を

考えると除染や帰還宣言を鵜呑みに出来ないと感ずる傾向にある様だ。


支援し続ける事が我々に求められているのは明らか。その為にこそ今日のイベントが

効果あると考えるよりも、冷めた喉元を今一度温め、自らの危機にも思い巡らせる方が

被災地の方々に無礼ではない気がする。


改めて、震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

被災した方々へお見舞い申し上げます。

そして、忘れる事なく想いを寄せ、チカラ添えをします。

posted by スローフード甲州 at 07:50| Comment(0) | 所感

2012年01月31日

おもしろい話



昨晩遅くにPIECE橘町にいらしたお客様。

私が尊敬するぶどう栽培家の一人であるその方とのはなし、、、

具体的には記しませんが、とっても愉しいのです。

笑いがあるんではなく、とてもためにるし意欲の湧く内容。

私はビジネスのセンスもない。農業の知識や経験もない。活かすカネもない3重苦ですが

勝沼の師匠と話をしていても、昨晩の栽培家の方との話もとてもワクワクする。

さまざまな問題を抱える社会に於いて、活き活きと暮らし次へ繋げる。

微力ながらも、続けることで何かしら生まれてくると改めて勇気もらえます。


そして、本日面識のない方から「ワインの仲間山梨基金」への問合せもいただきました。

どこかのワイン会で名刺を戴き、そこにプリントされていてご自身のものの製作にとのこと。


少しづつでも拡がる繋がる。

posted by スローフード甲州 at 18:23| Comment(0) | 所感

2011年12月09日

雪景色

9dec2011.jpg


見慣れた景色も雪がほんのり積もっただけで別の街の様に見える雪景色

子供の頃から雰囲気が変わる感じをワクワクして山々を眺めていました。

空気がヒンヤリする感じも北国感増してマス。


午後には近くの山々の雪は溶けてしまいましたが

標高の高いとこは暫く残りそう。。


子供の頃と比べると雪の降る回数も量も少なくなりました。

暮らしやすくなったと思うか、おかしいなと案ずるか。

COP17ではなかなかよい方向へ話が纏まらないらしい。

温暖化といわれる気候変動。

地球そのものの変化でなく、人類が及ぼす影響は

なんとしても減らし、無くす様努めないと。
posted by スローフード甲州 at 22:50| Comment(0) | 所感

2011年10月11日

7ヵ月



311から7ヵ月。

避難所閉鎖され、浸水した自宅へ戻る住民や、行き先が決まらないままの住民もあるとか。。

石巻での事。先だっての原発事故避難準備区域立ち入り解除措置もそうだが、誰の都合
でそうなるのか??

避難所から自宅へ戻ったからと言って仕事がある訳でもない。自宅が修繕された訳でもない。
ましてや、浸水し地盤沈下もある地域の半壊住居に戻る状況。
高齢者が地理的不便な仮設住宅へ移るケースもある。

また、東電は1号炉の低温安定状態が保たれつつあるというコメントを発表。
出来ないよりは確かによい。
現場で放射能リスク承知で働く人々も大勢ある。
けれど、2号機、3号機は建屋内に入れてないまま。

私一人が考えてもどうにも出来ない状況。
やるせない。
時折、いっそのこと、原子炉内作業に従事するか!と発作のごとく思う。

子供をもうけていない私の存在意義。
どーせ逝く時は独り。子も財産もなければ何も失うものはない。
せめて世の中の役に立てたというハッキリとした状況、感情を以て逝きたい。
ただ、こんな感情も一刻のこと。
そんな半端な自身が情けなくもあるし、自身の今までの生きてきた軌跡はそのまんま。

99才のお婆ちゃんが書いた詩に、今回の震災についてのものがある。
「何もかも流された津波。けれど心の津波にはのまれるな」とありとあらゆるものを失ったとしても
命ある限りは負けない強い心があればもう一度起き上れるということ。

被災地では随分勇気づけられた方がいる。
この半端者も、せめて生きてる価値があると自身で感じられるくらいはしんといけん。

明日から甲州収穫行きます。
posted by スローフード甲州 at 18:44| Comment(1) | 所感

2011年09月26日

生と死と


今年の夏は複数の友人の下に新たな生命(イノチ)が誕生した。

8月に生れた女子は、同い年の友人の4番目のコ。

9月の初旬に生れた男子は、7代目になる?夫婦にとっての初めてのコ。

そして、先日生れた女子は甘えん坊なお兄ちゃんを持つ可愛らしい妹となった。

妹になった子の父方のじいじがその誕生を見守るかのようなタイミングで亡くなられた。


妹となった子は予定日を過ぎて誕生したイノチ。
じいじは精一杯頑張ったコトだろう。
けれど、その手に抱き上げることなく、まるで形見のように甘えん坊で寂びしん坊のお兄ちゃんに
自身の代わりというように妹を授けた。

妹の親となった友人。新たなイノチと去り行くイノチ。
感謝や悔やみや複雑な想いだろう。
大切な友人の一人で、彼や奥さんの心を思うだけで、私も切なくて仕方ない。

今夜これから早朝バスで都内へ向かう予定でいるが、じいじの告別式に伺った今日、
頭ん中がぐるぐるして寝れそうにもなく、、

この様な事を書くのは、不謹慎かもしれないけど、どうにも収まらない感情

4番目も、7代目も、妹も元気で健やかに育つことを願う。
初めての子供が誕生した時からそれまでは夫婦だけだった2人が親になる。
子供の存在が親を育ててくれる。
親は子供を育てながら、育てられている。
そうして、イノチは繋がってきた。

じいじの死はその息子を強く大きくし、またその子供を育て育てられる。

私には子供がないので、お子さんのいる友人等や他の親御さんらから叱られるかもだけど、
知ったようなコト書いてんじゃね〜よとか。

なんだか、まだキモチの整理つかないまま徒然なるままに書いてしまった。
シャワーして出掛ける支度します。

明けて26日、ソムリエ2次試験。
そのお手伝いで上京します。
戻りが遅くなりそーで、PIECE橘町はお休み。

posted by スローフード甲州 at 02:38| Comment(0) | 所感

2011年08月17日

原発の地位復権??



安易な捉え方しか出来ない単細胞人の言う事なので流して下さいね

先ごろ、路チュウ先生による発表で、原子力安全(保安?)庁(仮称)設置

がアナウンスされた。

昨晩から審議されたいた北海道の泊原発再稼働(定期点検中だった炉)

が知事により承認。


安全庁設置は、今回の災害や今までの隠ぺいなどを教訓・挽回すべく安全運用の為と謳われて
いるが、これまでの組織ではなく庁を環境省内に設けるという話。
センセー方が一方的に決める政策で、また税金賄い組織が増え、しかも原発容認方向に進める
為なのか???と思ってしまう。

女性知事の回答も、政府のこの辺りの動きも多分に影響してるとか根回しあんのか?とも・・・


北海道の件は住民投票して決めるべきなんでは?

庁を設ける事も国民目線なのか疑問。

与党総裁選という騒ぎに、また岩手のドンが暗躍

世界的金融不安、円高といった経済的なリスクなんかにも振り回されない様な国家

先進国と言われる国家の中でもエネルギー、食料共に自給率の低い日本

消費先行の価値観を捨て、安心して次世代へ繋いでゆける世の中を!

posted by スローフード甲州 at 19:26| Comment(0) | 所感

2011年08月13日

サスケの新盆 鎮魂の夏



一年前の今日、ちょうど今時分・・・

サスケが息を引き取りました。


私の不備が彼の旺盛な好奇心を煽ることになり、窒息事故を引き起こし天の存在となった。
この1年間、1日も忘れる事なく想った。
まだ成年期の無念の死、1年経っても悔やまれる想いは変わらないが、いつも傍にいてくれる
気もして、折に触れては話し掛けている。
迎え火を焚きながら天を仰ぐ。

311から5か月が一昨日。
終戦記念日が明後日。
6日、9日は広島・長崎、、、、

子供の頃は夏休みというだけで夏=ハッピー

というイメージでいたが、年を重ねてくると、夏というか、8月に対しての印象が

輝けるものが去り、どこか重苦しくなっている。

開戦から70年、原爆投下・終戦から66年も経った今でも、年間数千人の被爆者の方が亡くなられ、

ご存命の方の中には後遺症で苦しむ方も少なくない。

平和利用、安全神話、戦勝国の都合もあり、日本は66年前から放射能の危機に晒されてきた。

コントロールしきれない科学のチカラは暴力でしかない。

未来のニッポンを造る一歩は今。

posted by スローフード甲州 at 19:19| Comment(1) | 所感