2011年07月09日

SF甲州×三菱UFJ信託CSR作業

20110709111838[1].jpg
延び延びになっていた三菱UFJ信託さまのCSR作業 実施しました!

誘引は済んでいますが、新梢2芽残ししていたところの間引きと、房整理が主な内容。

未経験の参加者に誘引作業をしてもらう予定でいたので、念のために2芽残していた箇所
は当然、葉や枝が重なったり、果房どうしが絡みあったり、、、

そのままだと、農薬が当たらない箇所も出やすく病気の原因にもなりやすい。
日当たり・風通しも悪いので、成長にも悪影響。

今日は総勢15名を超える人数で梅雨明けになった炎天下昼過ぎには作業完了。

幹事のセッティングが悪く昼食にありつくまでに少々放浪しましたが
”ほうとう”に収まり、腹いっぱいで若人も満足げでした。
一行はワイナリー、温泉と巡り帰路につきました。

参加の皆さん、暑い中お疲れ様でした。
ありがとうございました。
posted by スローフード甲州 at 19:36| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年06月30日

7月9日 SF甲州畑ヂカラ×三菱UFJ信託



昨日の暑さに比べると、今日はまだ楽な畑でした〜

三菱UFJ信託様のCSR活動

7月9日(土)に行います

他の方の参加も受付ますので遠慮なく申し出下さい。


・・とは言え、今日も35°近くまで気温上昇しています。
皆さんも熱中症などに気をつけてください。

今朝ほど長野県松本を震源地とする震度5強の地震がありました。
嘗ての従業員が暮らしていたり長野方面には知り合いや友人も多く
安否が気になりました。
負傷者も出た様です、壁や看板など、崩れ易くなっているところも
ある様ですから周辺の方は気をつけて下さい。
posted by スローフード甲州 at 14:06| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年06月29日

38.5°


本日、勝沼での6月の観測最高値。

連日の暑さ、早起きに手こずる私には堪える。


甲府では38.1°で、全国一位二位。

空を見上げると梅雨とは思えない様な夏空。

確かに暑いけど、風が通り抜ける畑は気持ちよい。

日中の気温上昇もだけど、夜の気温が下がるコトが
ポイントなのだが、ここ何シーズンは昼夜の寒暖差
がイマイチで、ぶどうの生育や病気の発生などの
メカニズムに影響がある。

子供の頃は30°を越える日は夏休みになってからで、
それも、夕立があり、夜風が吹き床につくころは
涼しいくらいだった。

地球の中長期的気候変動なだけで、数年後には
以前の様な気候になると唱える学者もいる

posted by スローフード甲州 at 20:06| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年06月24日

風が通り抜けて



今日は勝沼でも35.9°、甲府は36.8°、

甲府の6月では観測史上最高記録。

・・・でも、鳥居平の一文字短梢畑は心地よい風が通り

気温上昇も然程気にならなく

気持ちよく作業できました。
posted by スローフード甲州 at 23:47| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年06月23日

曇りのち雨のあと晴れてみたり、ミネラリィで酸がなく、軽やかな白ワイン・・・


昨晩のキャンドルタイムに来店されたお客様

暗い中、ありがとうございました。


・・今日の午前の勝沼はタイトル通りの忙しい天気


曇天で、過ごしやすく作業出来ると思いきや、、
雨が本降りになってきて、びしょ濡れ。。。
それでも限のいいとこまでやろうと欲かいてたら
青空見えてきた。
昼過ぎ、濡れたシャツも乾き上がることに。

甲府は降ったかわからないけど、去年も
通り雨的なのがチョイチョイ降った勝沼(特に山沿い)
はベト病に悩まされた年でした。

今年は今のところ順調。
これも偏に師匠が空模様の様子伺いながら
対策をマメに講じているから。

私は誘引、間引きに専念しているけど、
本当の農家は農薬、下草刈り、誘引、ジべ処理、傘かけなど
やることてんこ盛り。

CSR参加の皆さ〜ん、畑が待ってますよ〜

おっと、、いけね。。。
タイトルが意味不明ですね。

先日、チリ産ソーヴィ二ヨンブラン、機山シャルドネ、ダイヤモンドアマリ―ジョの中から
タイトルにある様なワインを所望され、回答に詰まりました。
ソムリエとして出来が悪いのは本人承知なんですが、、
ミネラル感があって、酸は控えめ、で軽やか。。。
暖かい地域のものならミネラリィ、酸控えめは結びついたんですが、
だからといってチリ産SBかぁ??
はたまたシャルドネ??
私個人の範疇だと、ミネラリィと軽やかが同居するものが想像しがたくって。。。
どなたか正解教えてくださると幸い。
(上記3種から選ぶ必要はない。3つの条件を満たす白ワインおせぇ〜てぇ〜)
posted by スローフード甲州 at 19:08| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年06月17日

寝るとダウン(> <;

ダジャレが不謹慎かもしれませんが、ご容赦下さい。
ここ数日ダウンしています。
喉の痛みから声が出ず、「オカマバー」的なトークだと
PIECE橘町で指摘され、、畑も水曜、今日と休みました。。
(今日は、雨予報だったのが、曇天。。作業できたのに、、、、)

コメントから、就農のコトいくつか聞かれましたので、
今回もその回答記事になります。
(私的には、コメントいただける方と直接やり取りしたいのですが・・・)

転職・就農に高いハードルがあるのか?といった内容ですが、
ありません。
自己資金の用意はあまり考える必要ないと思います。
先に記した様に、
更地から植栽して始めるのでなく、技術指導や農具などを貸与して
いただける農家の方を見つける。
山梨県も行っていますが、新規就農(ぶどう栽培者)に対しての
補助金交付などもあるし、私に仲間の一人でもある「ホトト」(甲州市・牧丘)さん
、「ぶどうばたけ」(勝沼・菱山)さん、私の師匠のところも農業生産法人で
この春、都内からUターンした20代の若者が毎日畑でよい汗流しています。
といった様な方法、つてで、いくらでも農業を始めることが出来ます。

ただ、「農家」と法的に名乗りたいというコトならば、土地の取得などのハードル
が高くなりますが・・・

都会で只でさえ人ごみの中で消費先行の生活に疲れ、それに加え震災・放射能のリスク
を考えると首都圏で暮らすメリットや魅力を私は感じません。

その気がありさえすれば、どんな方法、どんなに小さい規模からでも畑で醸造ぶどうを作る
ことは可能です。
(私の面倒みさせてもらっている区画に隣にも、福岡から移住したサーヴィスマンが
こつこつと一人でピノノワールに挑戦しています。尤も、この方は、現状はサーヴィス
が本業。ぶどうからの収入はありませんが、畑を貸してもらい、周辺の農家さんなどから
アドバイスいただいたりして愉しみながら汗流しています)

要は、就農ブームとかマスコミが数年前に取上げ、リーマンショックをやわらげるコトしました
が、ブームなんて言うからダメなんですね。
「生きることは食べること」

SB帝王のソン氏が遊休農地に全て太陽光パネルを設置すればいい」とか

藻から原油に代わるエネルギーを生成させるコトを研究している教授も

遊休農地で藻を栽培?すれば、日本はエネルギー輸出国になれると豪語しますが

全てとは言いませんが、農地は農地としてもっと活用しやすい法に変え、

就農や大規模農業を実現しやすくすべき。

エネルギー問題ばかりにスポットが当る今ですが、食糧の確保が国民を生きながらえさせる

には最も必要なこと。

先進諸国は軒並み100%前後の自給率。

それが、真の独立国家。

解かりづらい話になったかもしてませんが、就農に高い障害はありません。

キモチ、行動あるのみです。

先ずは、現場に足を運び、人の繋がりをつくる。


先日も、大阪からの移住者も畑デビューしました。小さな一歩から始めてください
posted by スローフード甲州 at 16:39| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年06月14日

花盛り。国民投票。

2011JUNE14 008.JPG2011JUNE14 002.JPG
前にも書いたコトだけど、

ニッポンも国民投票すればいいのに。
ドイツでは首相が押し切り、
イタリアでは国民投票実施。
イタリアのは、投票率そのものが有効になるかどうか定かではない様だけど
投票した人の95%もが脱原発賛成とか。
産業界、政界などは冷ややかな対応らしいが。

話かわり、コメントに質問戴きましたので答えます。
就農してぶどうで食えるのか?って質問。
答えはYES。

具体的な数字、現実的な売り上げなどは、畑の環境や品種などにより
大きく異なるので、目安で、分かりやすい数字を並べます。

勝沼辺りでは、一人(若しくは、一家族)で3fも出来れば食えるでしょ。
って聞いたコトあります。
その数字を追いかけてみますね。
3f=9000坪(約3町)、1反(約300坪)の収穫量が1tとして(現実とは少々違いますよ)
ぶどう1`の売り上げが400円とします(醸造用では、これよりも安いモノもあります。)
すると、3fの畑の年間の売上は概ね900万円。
肥料、農薬、農機具、苗木などの原材料や経費と、畑の賃貸料などを差し引いても手元に半分くらいは残るでしょう。
一人で3fは正直大変です。まずは平地で、出来れば地続きの区画が確保できて、予め、
植栽されている畑を受け継ぐのが良いでしょう。
たまに聞くのは自分等のワインを作りたいから、ゼロから植えて・・・なんて方々もいたりしますが
その場合は上手くいっても3年間は畑からの収入は見込めないので。

正直、私達がお手伝いしている鳥居平の区画は傾斜地なので、作業効率も悪く、植栽率も下がりますので、醸造用葡萄だけで傾斜地でとなると、上記の売り上げは見込めません。
実際、私がおせわになっている師匠も生食用の素晴らしい葡萄を作っています。

桃や他の果実の畑も確保出来れば、収穫時期も変わるので、収入も分散化出来ますね。
葡萄畑の片隅に野菜を植えて、自らの食料とすることも家計を助けます。

ざっくりした説明ですが、参考になるでしょうか。。。
また機会があれば、書きますので。
遠慮なく質問などもどーぞ。



posted by スローフード甲州 at 23:15| Comment(1) | 畑ヂカラ

2011年06月13日

ナンパ、ガールハント。


降雨以外は畑に通う日々。

先週は、畑上がりに旧甲州街道で地図を片手にウロウロ、キョロキョロする女性。

着信があり車を寄せていた時で、通話が終わったタイミングで道案内くらいと

声を掛ける。

「原茂園」に行きたいと。

でも、反対方向というか、、、曲がるべき箇所を過ぎている。

晴れて暑い日中。定員2名のクルマ。女性は丁度お一人。

つい、、「よろしければ乗せていきます」って言っちゃってた。

怪しいポンコツジムニーの変なオッサンのままでもよかったのだけど、
時間や足があれば、他にも廻りたいワイナリーがあるとおっしゃられたので
山梨方面に来る機会には是非と、PIECE橘町のショップカード(名刺)をお渡し
して帰路に着いた。

そして今日。

鳥居平の道上と呼ばれるエリアの畑作業終え、帰り支度してる前方に

ばさまが腰掛けている。

足元を手直しし立ち上がり歩きだした。

私も、身支度済ませクルマを出すと、ばさまが居たトコの縁石にバインド線が束で

置かれたまま。

それを拾い、前方を行くばさまに声掛け。

ばさまの物だった。

それでまた、つい「乗せて行くよ」。


大善寺近くのお宅のばさまでした。
ほんの数百bの距離ですが、90歳を越えると言っていた彼女
の足取りではそこそこ時間が懸かる。

ばさまとの僅かな会話、聞くと私等がお手伝いさせてもらっている耕作地
もばさまのお宅の畑だったとこもある様だ。
作り手がないから、他人に任せてるというところが多いそうだ。

それでも、90歳を過ぎたばさまが葡萄の面倒をみている。
運動ついでで、無理ない程度に作業してる様だが、
圧倒的に人手不足。

一宮の仲間からも、2fほどの耕作放棄地があると電話で言われた。
春日居の友人の父が作業中の怪我で畑に出られないでいる。
美味しい桃の作り手の一人だ。
手伝いたいキモチはあっても、私一人の身体では限界がある。

もっと効率良く、人手を確保する方法を考えたいものだ。
CSR参加の三菱UFJ信託のリーダーがなにやら考えてる事がある。

ヒトとカネ、土地と技術。いろんな側面から農業を捉え将来へ
繋がる事業を。

リニアが山梨に来て潤うのはほんの一部。
都会と田舎、同じ視点では良い地域創りは出来ない。

老若男女、必要あれば乗せますよ!クルマだけぢゃなくて農業にもね!
posted by スローフード甲州 at 14:52| Comment(1) | 畑ヂカラ

2011年06月12日

便利なもの・・・震災から3ヵ月


電気。
パソコン。
インターネット。。。

昨日夕方PIECE橘町でブログ書いて記事アップしたつもりでいたら。。。

またもや回線の具合で更新されてないことに今気づく。


311からちょうど3ヵ月の昨日、全国の各地(甲府でも)脱原発のデモが行われた。

原発のリスクは今回の震災で改めて国民が身近に感じた。

ただ、便利な世の中を追及し続けてきた我々がどこまでダウンシフトできるか。

民意が求めるアクションをし、政治家達はそれを感じ取るだろうか?

連立だの、退陣時期がとか、、相変わらずなことばかりが報道される。

電力会社をフォローする気はないが、現場で命懸けで連日作業する方々には

本当に頭が下がる。

政治家のセンセー等と暫く職場を交換してもいいくらい。

国家や電力会社の押し付けにより歪んだ富を得た原発関連施設所在地域。

六ケ所村の一人の平均年間所得(世帯でなく、一人。)は1200万円だという。

それだけ、リスクが高いという見方もできるだろう。


便利の概念を見直すいい機会。

無線端末が電波状況の影響で途絶えても何度でも書き直すさ。


明日は畑に新たな仲間が初参加!

寝坊しないよに、もお帰ります。
posted by スローフード甲州 at 03:15| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年06月10日

今日は2時間だけの作業


毎日少しづつでも作業を!と。

今日は時間都合が午前の2時間だけでした。


それでも、初めてお手伝いしてくださった方の要領もよく
思いの外捗りました!

明日も引き続きダッシュ(走り出すさま)


TV放送をご覧になり、初めてPIECE橘町に来店された嘗ての常連さまがいらしたり、

福島でのボランティアがきっかけで慰労会をされた方々、、

今夜もいろんなお客様がいらっしゃいました。

最後にいらした方の話を聴いていて思い出した唄があります。

70年代、初期のRCサクセション 「烏合の衆」

烏合の衆 烏合の衆 烏合の衆 衆 衆

一人ぢゃ何にもできないくせに

一人ぢゃ何も言えないくせに・・・・
・・・と。

大勢の集まり。統制も規制もなくただ集まるだけで、何か生れるとか
その集まりだけで価値があると本気で思っているのだろうか?
ただ、仲良しごっこしてるだけにならないといいが。

人の振り見て我が振り・・だ。
多勢に無勢では、役に立たない。

協力者や理解者が無くとも、自身の存在意義が見いだせるなら
畑に通い続ける。

明日はもう少し余計に作業出来る様、もう寝よう。
posted by スローフード甲州 at 02:16| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年06月07日

ロマンスカーとサクランボ

ソメイヨシノ さくらんぼ 003.JPG
貢川沿いのソメイヨシノ。春に満開の花で散歩道を華やかにしてくれたあとは、皆から見向きもされない?
さくらんぼはあまり知られていないのかな、、、人が食すことなくとも野鳥などの餌となり、他所へ運ばれ
繁殖するんかなぁ、、、


35年振りくらいに海老名の叔父の家にお邪魔した。

しかし、主はもういない。

病院で病と闘いつい先ごろ亡くなった。

小田急沿線にあり、小学生の私はロマンスカーが未来的でもあり、

タラン〜タラン〜とメロディアスな警笛が物珍しく

警笛が聞こえる度に外へ飛出し見ていた。

(鉄っちゃんではないのですが、山梨では見られない流線型に近いフォルムが魅力的だった)

大人になってから叔父に会う機会があると、釣りや登山の話で盛り上がったものだ
主を失くした家には、故人の人生が溢れていて、残された叔母や一人娘は疲れているが、初めての
送り事に慌ただしく悲しみも忘れされてる様だったが、ふとした瞬間に所在無さげな表情をする。
病院で治療してる間に覚悟もしていたのだが、喪失感は戸惑いとともにある。
これが災害で一瞬にして大切な人を失くすと計り知れない喪失感なのだろう。。。
被災地で生き延びた人々、いろんな想いの中から、自分が生きている意味を探し出し、次に繋げる
ことの大切さも感じたでしょう。

子供がない私でも、繋げる何かを持っていさえすれば存在意義あるのだろう。
それがある限り、精一杯。

ロマンスカーを子供の頃に夢中で見ていて鉄道会社に就職した方の話を海老名の叔母から聞いた。
叔父の遺品の中から、叔父の母(私の祖母)のパスポートが出てきた。
花ばかりが持て囃されるソメイヨシノにも小さなサクランボが稔る。

人独りに出来る事なんて、長い星の歴史の中ではその寿命でさえも一瞬のこと。
でも、ほんの一瞬のほんの小さな一粒が繋がりを紡いでいる。



posted by スローフード甲州 at 01:05| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年06月04日

明日、SFK畑ヂカラ×三菱UFJ信託作業実施!



先週の予定が台風2号影響の天候で流れ、

明日、誘引作業します!


連日、誘引と間引き(新芽掻き)をしてメルロの畑でのUFJ様受け容れ
準備をしてました〜
師匠が下草刈りもしてくれて、見本用に一列だけ誘引作業も済ませ
準備万端。

三菱UFJ様の参加予定者が少ない今回、遠慮なく参加申し出受付中デス!!


昨晩遅くに福島での余震と思われる地震、島根での地震。。
身内が出雲の国にいるので今朝電話いれてみた。
そこは、震源地から近いものの、震度3だったので、驚いたが無事でいるとの
返答に安心しました。
でも、くれぐれも用心してくださいね。と電話切りました。

政治家のやっている事にいちいち所感を書くのもアホ臭くなるほど
マヌケな態。
あれだけ鼻息荒くしていた親分は雲隠れ、野党もさぞかしガッカリな結果。
一変、鳩と管の認識違い揉め。醜い。

震度5の福島浜通り余震、現在異常はみられないとの報道も
あてにならないきがしてくる。
何ヶ月か後にあの時こうなっていた様だ、、な報告がないコト祈る。

福島からの自主避難親子、すっかり子供達は地元の子等と変らず仲良くしていて
私は、近所の知ってるオジサンな感じでつるむコトなくなってきた。

醜い。といえば、醜い訳ではないのだけど、貢川にマガモの親子がいる。
雌真鴨と雛が4羽、はじめは5羽いたが、自然淘汰されて、現在4羽。
その中の1羽だけが明らかに毛色が違う。
ブラックスワン?(その一羽だけ、羽毛色が明るいベージュ、他はこげ茶)

餌付けの成果(良い意味では言ってない)か、カルガモ親子は毎年見掛けていたが
マガモは珍しい。北帰行しなかったから。
どんな風に大きく育つか見守れるかと興味惹かれてる。


posted by スローフード甲州 at 17:01| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年05月27日

明日28日は中止


書き上げ、保存途中にドコモのモペラ回線の不具合で書き直し爆弾


本日、関東甲信越の梅雨入り。
台風2号の影響もあり、明日の作業は中止。

次週6月5日(日)に誘引作業予定とします。


上記以外にも留守菅の間の内紛や野党の攻勢がくだらなく・・・
なんて書いたのに、回線途切れて保存出来ずに
またこうして書いてる。
便利なモノ、ハイテク?なものはそのスペックを安定して発揮出来て
こそ快適で、ほんの些細なコトで人をイラつかせる。
私も311から喉元過ぎてる感出てきてるんかな・・・
・・・で、続き、
国難状況下なのだから、一致団結して協力し合う姿勢を見せて
それでも頭を据替るとこれだけ原発問題や復興プランが好転させる
コトが出来るリーダーがいるというアピールが出来ないものか?

震災以降、同じ様なコトを何度も書いてる。
俳優だったらとっくに仕事干されてるらしい。
それもおかしな話。
男気あるいい奴と思っていた俳優が、反原発発言で物議を醸しだしてる。
内閣参謀協力の東大大学院教授の辞任。
原子力委員長の発言の認識違い。
原発所長独断の海水注入続行。
文科省の年間1ミリシーベルト以内発表。

確かに、覚束ないコトばかり目立つ気がするが、現場で懸命に作業する
人々は国民の為に自らを犠牲にしてる。
隠ぺいなのか判断つけられないくらいのど素人ばかりが関わっているのか
いい加減にしてほしい。
posted by スローフード甲州 at 19:46| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年05月21日

「ワインの仲間山梨基金」報道告知 その2

杉ゴケ.jpg
馬杉苔 スギ苔の仲間。京都等の日本庭園で珍重かつ定番的にはあるものの、
残念ながら私は日常で見かける環境ではくらしていない。

昨日でガットサイド塗り終わりました。

昨日、UTYテレビ山梨報道部からの取材ありました。

24日夕方のニュースの星で放送予定とのコトです。


少しずつでも拡がればよいと思っています。

義援金目的ならば、安い印刷でより多くの義援金を!の方が効率も良く賛同者募れるのでは?
といった指摘もありますが、今回の災害で感じてる人々も多いと思いますが、
利便性、経済的要因が重要視されたモノづくりで、工業製品のみならず食品にまでその傾向
が強くなった世の中での消費大国と化したニッポン。
一瞬の津波でそれこそ海の藻屑と消えた。
そんな中で大切なコト、大切なモノは何か?を考えさせられた。
被災された方々は勿論、首都圏や関東で直接の被災なき人々も感じた筈。

以前、6年も使っているケータイ電話への愛着がないコト書きましたが、そんな物質消費社会
のままの再生・復興は虚栄に思える。
原子力=安全、安価というでっち上げに因り繁栄した首都圏などの姿は全く魅力的に映らない。

ものづくりの技術や勤勉な姿勢はニッポンに宝なのま間違いない。
その宝の有効的な活用、価値観、今後地球に求められるサスティナブルな世界に
どれだけ貢献できるかを考えたい。
消費を廻してナンボの経済ばかりを謳歌する時代は終わりにして、地に足着けた暮らしが
長く穣な世の中になるんではないだろか

英国や北欧、EUなどでは変らないことへの美学が成熟していると思う。
日本にも変らずに存在し続けるモノ、コトの良さを尊ぶ文化がある。
そういった精神を大切にしたい。

「ワインの仲間山梨基金」も、長く続けること、繋がりあうことを好しと考えたアクション。
昨日の取材でも言ったのですが、目標金額や期間を設けずに続けることこそがこれから必要だと。
万人の方からの共感や賛同は得られずとも、そんな意識を持った方が増えた方が素敵な世の中。

栃の巨木や小さな苔は長い年月が育んだ姿。
人類も根っこの部分は変らずにいる筈。
posted by スローフード甲州 at 12:05| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年05月19日

SFK畑ヂカラ×三菱UFJ信託 その3 天ぷらの会

2011518 082.JPG
乙女高原近くにある“姥の栃” 幹は9m近くもある巨木。樹齢は意外と若い!?300年弱。
300年近くもじっと、ずっとこの場所で生きてきた。


連日単独でのガットサイド塗り。

明日でようやく限つけられそうあせあせ(飛び散る汗)

三菱UFJ信託さまのCSR活動の3回目にあたる作業日のお知らせ。

5月28日(土)鳥居平フルーツライン脇メルロ圃場にて。

芽掻きと誘引のレクチャー、そして

新芽の天ぷらの会手(チョキ)

これが今回のメインかもわーい(嬉しい顔)
芽掻きのタイミングとしては遅いのですが、皆さんの社内都合等で仕方ありません。
事前に掻いた新芽を上手く保存し、天ぷらの会に使います。


畑ヂカラに興味ある方、参加自由ですので、遠慮なくどーぞかわいい
posted by スローフード甲州 at 19:03| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年05月17日

メルトダウンって・・

5月17日 鳥居平 021.JPG

5月17日 鳥居平 028.JPG
ぶどう畑のシビビーと、てんとう虫、へびいちご

いまさら、、、メルトダウンとの認識していたと東電や原子力委員会やら政府も認めた。。

メルトダウン=最悪のシナリオではないが、、東電は震災翌日の水素爆発時点で

メルトダウンしてるコトは想像できたと。

原子力委員会は3月終わりくらいには認識していたと。。。

今、開き直る狙いは何だ?

国民をバカにしてるにも程がある。

国策として原発推進してきたのだから国が最後まで責任を持つと首相が言った。

自民党へのあてつけにしか聞こえない。

自民党のご隠居等の意見も聞きたいし、原発被災地でガレキ撤去や行方不明者捜索に

参加してもらいたいものだ。

それは年寄イジメになるなら、取り残されたままの家畜やペット達をまとめて

引き取って世話してあげてくれ。


畜産農家やペットと暮らした人々、人間は避難出来ても、彼等は置き去り。
断腸の思いはどれほどだったことか。
置き去りの動物達の映像の中に柴犬が独り佇む姿があった。
サスケの姿にかぶる。。

改めて、ニーノとトトを連れて被災した時の事を考える。。。

連日、鳥居平で野良仕事をしてる。
シビビーの下から覗くはヘビいちごと七星てんとう。

勝沼のぶどう農家さん等は被災した時、畑を諦められるだろうか。。。

原発被災や、津波被災者の方々の地元へ故郷へ帰りたいという言葉、
正直、諦めて、山梨に移住して空き家に住み、耕作放棄地を耕し、
農業をすれば、食っていけるんだから。と思っていた。

単一人種の島国であるニッポン。古くから土地への拘りは強い。
それが、固有の文化や食を育んだ。
しかし、文明や物質の豊かさは日本中どこでも同じような街を創ってしまった
東北地方、こと、海岸付近の街は”ならでは”の集落を形成していたかも知れない
だから、今回も地元へ帰りたいという人々が多いのかも。

これが、首都圏だったらどうだろう。。。。
殆どの地方出身者が地元へ戻り、首都が首都でなくなるだろう。
アジアの大陸、ヨーロッパなどの人々は土地の豊富さもあるが、移民や
遊牧の文化があったので、案外移住に抵抗がないようだ。

東北の人々へそれを求めるは酷かも知れないが、原発は福島第一だけではないし
津波対策もいたちごっこ。
高台に居を構えるだけで安心は得られない。

郷愁もあるので、個別に移住は心細いだろう。
集落の皆でまとまって移住ならまだ寄り添える拠り所もある。
絆や繋がりを断ち切って避難しなければならない状況もある。
仮設住宅の計画も、個のプライバシーも大事だが、近所付き合い
なども考えた配慮をせめて。
posted by スローフード甲州 at 23:20| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年05月14日

久々の晴れ。

2011513城の平.jpg
GW以降、なかなかタイミング合わずに畑から遠のいていた。ここ数日は雨も多かった・・・


久々に青空や山の新緑、雪解けが進んだ富士山の姿。

鳥居平から城の平方向を望む。

今日は独りガットサイド塗り


20110513新芽.jpg
新芽も膨らんできてる。

副芽は掻いてしまうので、ガットサイド塗りの合間に芽掻きも

PIECE橘町でフリッタータにしてお客様にも召し上がっていただきました。


この時期、山地の鳥居平は、春ゼミや鶯などが鳴きはじめていて、20代の頃、GW以降は
日光・中禅寺湖に毎週通った頃を思い出させてくれる。
2ヵ月前の震災も自然のチカラ。
鳥や虫、植物に癒されるのも同じ自然。

御前崎の浜岡原発の停止作業が1日遅れで始まった。

この国が進む道筋は世界の、地球の今後の指標となるのだ。
諦めると思わずに工夫すること。自然と向き合い、寄り添うこと。

北関東では余震もまだまだ頻繁の様ですが、山梨の人々はどうだろう・・・
喉元過ぎた様に感じ始めていやしないか?
常に不安がるのを好ともしないが、忘れてはならない。
自分自身に降りかかるかも知れないリスク。
被災地や避難先で不安の真っただ中の方がいるコト。


明日(土曜)も畑へ〜!!
今日(金曜)は、グレイスさんとCH酒折さんで素敵なワインを仕入れた。
酒折さんから発売された、甲州バレルファーメテーションby i-vins。
ふくよかさが親しみ易い好感の持てるステキなワインでした。
葡萄の素性の良さが覗えるものでした。
posted by スローフード甲州 at 02:25| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年05月01日

畑ヂカラ×三菱UFJ信託銀行様 その2

2011MAY1畑ヂカラ 002.jpg2011MAY1畑ヂカラ 003.jpg
天候が危ぶまれましたが、、なんとか午前中で防除作業完了。
総勢16人。60本の作業も降雨前に仕上がった。

2011MAY1畑ヂカラ 004.jpg2011MAY1畑ヂカラ 005.jpg
OLさんもチビッ子もパパさんも無心で作業。
展葉し、いよいよ本格的な農作業シーズンを迎える。。


3月予定は震災影響で流れ、

4月予定も震災後の新年度で、なかなかスケージュール調整つかずに

本日ようやく三菱UFJ信託銀行の皆様のCSR活動作業が実現。

慣れない作業ですが、久々の葡萄に木との再会に参加の方々も

なんだか嬉しそうでした。

おかげ様でスムーズに迅速に予定作業完了しました。
参加の皆様お疲れ様でした。
ありがとうございました。

次回は芽掻きの天ぷらワーキング!?
作業後に愉しみましょうね!
posted by スローフード甲州 at 15:58| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年04月24日

earthday

19.APRIL2011 018.jpg
甲府自宅の甲州、展葉はじまりました!

1970年、4月22日アメリカからはじまったアクション。

都内などでは昨日今日と大きなイベントも開催されていました。

地球全体のコトを考える日ってこと。
地球によいコトを考え、行動しようと呼びかけている。
このタイミングなので自然のチカラや原発に対しての
再考は尚のコト。

19.APRIL2011 023.jpg
こちらは勝沼・鳥居平の甲州、まだ展葉までは日がかりそう。
品種や場所によっては、勝沼でも葉が広がりはじめています。
(遠くに見える白い山並みは南アルプスの白根三山)

19.APRIL2011 022.jpg
ガットサイト塗り(てっぽう虫等防除)作業中に下草のそこかしこに
テントウムシが。
posted by スローフード甲州 at 19:28| Comment(0) | 畑ヂカラ

2011年04月22日

社長賞★


スローフード甲州の畑ヂカラの活動に賛同され

CSR活動に取り入れている三菱UFJ信託銀行さま

この活動が社長賞を受けたと。

あめでとうございます。


その畑ヂカラの次の作業日。

5月1日(日)に害虫防除作業を行います。

スローフードそのものや、畑ヂカラとはまた別のアクション

ですが、ワインの仲間山梨基金。

こちらも、いよいよサンプルタグが刷りあがり、

プランも具体化。。

近く改めてお知らせします!


311関連、原発報道も多いなか、昨晩飛び込んだ悲報
世代なので一言。
私が小学生の時に好きだったキャンディーズ。
ピンクレディーよりもずっと。
そのラン・スー・ミキの3人。
スーちゃんと呼ばれ親しまれた田中好子さんの訃報。

謹んでお悔やみ申し上げます。

キャンディーズ解散後、女優としてその才能を発揮
良き母親像が印象的でしたね。

因みに私、キャンディーズではレアなミキちゃん派でした。

posted by スローフード甲州 at 19:26| Comment(0) | 畑ヂカラ