2012年12月12日

飼い主どこに? 



http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/life on arth/

上記に中日新聞の記事が紹介されています。

長野・飯田の大平街道の林道ゲート前で1週間も犬がいると。

痩せ細り、雨や雪が降っても待ち続けていると。

写真ではカラー(首輪)していないので、私見では捨てられた元飼い犬だと

思いました。

迎えが来ないのに待ち続けているのだとしたら。。。。

せつなくやり切れません。

情報を広めることで手掛かりや飼い主に繋がればとアップしました。


二年前の夏に亡くしたサスケもそもそもは山に捨てられるところでした。

まさか身近なところに飼い犬を捨てると言い出す人がいると思ってもみませんでした。

かなりのショックでした。

満足させてあげあれないかも知れないが、私の元で飼うと決め、近所でも評判の

いい子だったサスケ。

トトと一緒でもケンカすることなく散歩しました。

好奇心旺盛で活発だけど弁えてる犬でした。


今はトトもサスケも居ない我が家、長生きのニーノが冷たい布団を温めてくれています。

巡り合わせあれば、また犬の居る暮らしがしたいです。


事情があってもペットを捨てる事は許されない。

迎えをじっと待つけな気な心。

人もそれに応じる覚悟を以て暮らすべき。
posted by スローフード甲州 at 19:01| Comment(0) | 狩猟
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。