2012年10月23日

ダメ政府、腐れ内閣、相変わらずの野党、最悪の経団連



政局都合ばかりで、国民に背を向けるばかりの政治家は要らない。

在日米軍や大陸系国家と毅然と立ち向かえないなら真の独立国家とは言えない。

大飯を稼働させる理由を夏の電力不足対応だから一時的と言って、あとは知らん顔。。。。

経済的な理由なくせに北海道から再稼働させようと企む経団連。


いま一度、ニッポン全体を見極めて将来の方向性を覚悟し考え改めるべき。

便利さや物質的経済的豊かさを求めていては国家は愚か文明が崩壊しかねない。

人類が地球をコントロールなど出来ないし、してはならない。

カネやモノを欲しがり床下に親族を埋めるような魔物を生み出した文明社会は美しく

尊重すべきものなのか?

欲望が技術革新をもたらすが、気が付けばそれらに捉われ、本来の人間の姿と違っていやしないか?

原発城下の自治体も補助金や経済効果に目が眩み本質を見失っていやしないか?

人類の存在は、地球にとって不必要で迷惑なものになってる。それでも我々は文明を発達させ地球を

壊し続ける。

自業自得の裁きが待ち受けていなければよいけど・・・・


次世代、もっとその先も人類と地球が良い関係を続けるには、今どんな判断が必要か誰でも解るんぢゃ

ないだろか。。。。



posted by スローフード甲州 at 23:45| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。