2012年08月18日

スローフードの創始者は元伊共産党員。


本当は、PUSSY RIOTのメンバーの写真を引用したかったのですが、出来る素材なく、sirポール師匠の記事引用となりました。(Pマッカートニーやマドンナが、プッシーライオット支援を表明しましたが、その焦点でなく、反プーチンの歌を披露したロックバンドが有罪となるロシアを取り上げたかったのです)



お盆と終戦記念日が重なるこのタイミング、出来る限り心穏やかにと思い記事控えてました

あちこち海の外側から騒がしい事がもたらされましたね。

自国を大切に思う、地域や地元、家族などを尊ぶことは共産的なのかしらないが、よいことだと思う。

その、主張や方向性はよく考え、近隣との関係性も踏まえてという国際社会においては。


竹島、尖閣、、どちらもこの国固有の領土と謳いながら、実効支配ないまま、事なかれ主義なのか?

経済摩擦などを恐れてなのか、他国の強行を静観に近いカタチで受け止めるばかり。

国後にも露首相が上陸したのもつい数か月前。

歴史的にも国際的にも本国主張が正しいと言うなら、はっきりさせるべき。

韓国や中国、ロシア国内での其々の正当性がどの様に教育され、政府も指導してきてるか解らない

ニッポン国民の一人ですから、日本の主張が正しいと思いたいのですが、他国同様、隠し事や歪曲

を得意としてきている我が国、国際的な公平な場で明確にしてほしい。

ただ、どうしても領土問題となっている箇所を日本のものとしなくてもよいのでは??とも思う。

戦後間もなくとか、70年代頃まで日本人の生活拠点もあった場所もありますが、現在の事実は

実効支配はおろか、日本国民でさえも許可なく立ち入りさせて貰えない国内事情。

それなら、いっそ欲しがる国に有効活用してもらい共存するってこともアリなのかも。。。。


けれど、写真引用記事の様な理不尽が通る国々が主張しているので、領土諦めろとも言い切れないでいます。
オリンピックのプラカードなど、以ての外なのに、韓国内ではヒーロー扱いもあるという。

オリンピック=平和の祭典。政治・宗教抜きに人類が凌ぎを削る場。それを理解出来ない者に出場資格すら

ないと思う。

原発NOも大事だが、ニッポンの在り方そのものを国民一人ひとりがもっと強く大きく感じること出来れば、自ずと方向性は決まると思う。


今日、甲府は物凄い雷雨に見舞われ、自宅にあった15年以上前(カフェラトゥーシェのテラスに置いてい

た)からあった鉢植えのオリーヴの木が蜂ごと強風で倒れ、蜂が崩壊。木は無事だったので、近く地べたに

移植します。かなりの大きな穴掘らなきゃ・・・
posted by スローフード甲州 at 00:04| Comment(0) | 所感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。