2012年04月16日

幸せの尺度



週末、与党のセンセー等が大飯原発の地元自治体に訪れた。

現状国内で唯一稼働している北海道の泊原発が5月に停止。

その時点で原発稼働0になる。

そんな話も織り交ぜながら、大飯原発再稼働に理解を求めに。


先にも記したが、現状で計画構造物も善しとした安全評価に因る

再稼働要請。


「取りあえず俺等は動かせ!って言ったゼえ〜


ほれ言ったこっちゃねぇ、、、電力不足でどーにもならんら・・」

と今夏に言って、有無もなく稼働させるシナリオが関電との間に取り交わされてるとか。。?


電力足りない。って理論は過去のモノとしなければいけない。

311の経験から、この国が潤沢に使用した電気のムダがどれだけ多いことか国民は学んだ筈。

我慢するのではなく、工夫すること。

便利、快適、豊か、自由などといったキーワードでは本当のハッピぃは得られない。

電力が足りないのではなく、少なくても出来る暮らしや産業を確立するいい機会を与えられたのだから

今こそニッポン人の優秀だと言える工夫をすればいいのに

絵に描いた餅で満足し、再稼働と言う。

防波堤、免震棟、非常用電源等の追加設備にカネと時間を費やしても、いずれ短命の原子炉ばかり。

だったら、再生可能自然エネルギーに向けた費用とすればいい。

政府見解でも、脱原発と謳ったのに、いつまでに原発から足を洗うとも示せずに場当たり政。


センセー等は皆オール電化住宅にお住まいなんでしょうか?

あれも、電力会社の思ひのツボ。

省エネ、エコと言われ、消費電力が少なくて済む電化製品が増え電力会社は売上が少なくなる計算

だから、オール電化推進。


寒い時、暑い時が感じられない暮らし、、、、住居が高性能スマートハウスになればなるほど

季節を失う生活になる。

それなら、いっそ日本中地下街にして、地下都市を創れ。

家の中でも季節感ある暮らしの方が私はマトモだと思う。


原発地元の住民も表向きには反対と言えなくとも、心の底では原発でなければ・・・と思うだろう。

収入を原発関連に頼る住民には、廃炉までの仕事をしていただき、

再生可能自然エネルギーの開発、建設などと並行して計画すれば雇用も生まれる。

オバマ大統領が就任時に言ったグリーンニューディール政策は、今のニッポンにこそ必要なんでは。


クルマ、家屋、電化製品など、新しいモノ程エコを売りに産業を成立させている。

確かにランニングコストは掛からないモノを作りだしているが、それら製品を製造する

エネルギーコストや資源はどう捉えるか、、、

10年ちょっと前に、新車登録から13年を経過した車両の自動車税が割高課税になっている。

ニッポンのお役人らしい貧相な発想。


英国などはその逆だ。

旧く使われ、愛されるモノほど税金も安い。


今あるものを活かす暮らし。

補助金出るからとリチウムイオン蓄電池(ソーラーパネル)を装備した新築住宅を建てることが

本当にスマートなのか?

280円のユッケや飲み放題に飛びつく様な輩には理解出来ないかもしれない。


私が使っているいろんなモノの中でも16才の時に買った眼鏡がある。

自身のバイト代では気に入ったモノが買えず、同居のお婆ちゃんから小遣いもらい

買った黒いセルフレーム。今でこそメガネとしても使用されているそのカタチ。

当時でもクラシックの部類になるサングラスフレームだった。

サングラスを購入し、度つきレンズに入れ替えたのだ。

一度真っ二つになったが、レンズも時々の度に交換しながら今も現役。

高価なモノだからではない。祖母の思ひでがあるから。


自動車に至っては25万キロの普通車と14万キロの軽。

どちらもポンコツではあるが、まだまだ現役。

ケータリングに、狩猟・畑仕事にと活躍中。

黒猫ニーノも16才を過ぎても元気。

以前よりも少しだけ甘える様になった。

トトとニーノとオトコ3人で温める毛布で寝るシアワセ。

家の中も寒い冬だからこそ。
posted by スローフード甲州 at 19:45| Comment(0) | 所感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。