2012年03月11日

311から1年



被災地では、今朝早くから自宅があった場所やご遺体が見つかった現場などを訪れ

祈りをささげている。

慰霊、追悼、鎮魂の長い一日のはじまり。


被災地ではないところでは、復興支援に託けたイベントやビジネスがここぞとばかりに行われる。

考え方はそれぞれですが、やはり私は今日という日にそんな気にはなれない。


この1年の経過の中でニッポンは、私達は何を学び何をしてきたのか、、、

喉元過ぎれば熱さ忘れる。人類の悪い習性。

そんなご都合主義でなければ行き抜けないのかも知れない。。


被災地では、震災直後と変わらないままという方も多い、同じタイミングでゼロになり、

一歩踏み出せた人、踏み出せない人、格差の憂いも生じている。

放射能に翻弄される地域の方々、、比較的お年を召している方々は早く地元に戻りたいと思いがち

けれど、若い世代(小さなお子さんがいる様な)の方々は戻りたい気持ちはあるが、将来の事を

考えると除染や帰還宣言を鵜呑みに出来ないと感ずる傾向にある様だ。


支援し続ける事が我々に求められているのは明らか。その為にこそ今日のイベントが

効果あると考えるよりも、冷めた喉元を今一度温め、自らの危機にも思い巡らせる方が

被災地の方々に無礼ではない気がする。


改めて、震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

被災した方々へお見舞い申し上げます。

そして、忘れる事なく想いを寄せ、チカラ添えをします。

posted by スローフード甲州 at 07:50| Comment(0) | 所感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。