2011年08月17日

原発の地位復権??



安易な捉え方しか出来ない単細胞人の言う事なので流して下さいね

先ごろ、路チュウ先生による発表で、原子力安全(保安?)庁(仮称)設置

がアナウンスされた。

昨晩から審議されたいた北海道の泊原発再稼働(定期点検中だった炉)

が知事により承認。


安全庁設置は、今回の災害や今までの隠ぺいなどを教訓・挽回すべく安全運用の為と謳われて
いるが、これまでの組織ではなく庁を環境省内に設けるという話。
センセー方が一方的に決める政策で、また税金賄い組織が増え、しかも原発容認方向に進める
為なのか???と思ってしまう。

女性知事の回答も、政府のこの辺りの動きも多分に影響してるとか根回しあんのか?とも・・・


北海道の件は住民投票して決めるべきなんでは?

庁を設ける事も国民目線なのか疑問。

与党総裁選という騒ぎに、また岩手のドンが暗躍

世界的金融不安、円高といった経済的なリスクなんかにも振り回されない様な国家

先進国と言われる国家の中でもエネルギー、食料共に自給率の低い日本

消費先行の価値観を捨て、安心して次世代へ繋いでゆける世の中を!

posted by スローフード甲州 at 19:26| Comment(0) | 所感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。